So-net無料ブログ作成
検索選択

雲取山からの展望図 [山岳展望]

昨年は9月から記事のアップがほとんどできず。
山には時々登っていたのですが~・・・。

今年は少しずつ山歩きの記事等をアップしていきます。

本年もよろしくお願い致します。

まずは、1月中にでも登りたいなと考えている、今年の西暦高度の山「雲取山」(標高2017.1m)の山頂からの展望図(カシミール3Dで作成)をご紹介致します。

今年大人気のこの山に登られるときにはご参考にして下さい。

北方向 本白根、谷川岳、日光白根山
kumotori2 s.png

北東方向 男体山、筑波山
kumotori3 s.png

東方向 川乗山、大岳山
kumotori4 s.png

南東方向  丹沢山系
kumotori5 s.png

南方向  富士山
kumotori6 s.png

西方向 南アルプス
kumotori7 s.png

北西方向 甲武信岳、北アルプス、浅間山
kumotori8 s.png

北アルプス アップ
kumotori9 s.png

南アルプス アップ
kumotori10 s.png

金峰山・・・金峰山荘から往復、綺麗な西股沢の流れ、曇りで眺望はほとんどなし [山歩き]

2016年9月14日(水) 曇り
金峰山(きんぷさん、きんぽうさん、2599m) : 山梨県甲府市・長野県川上村

約2か月前の山行レポです。

所属する山の会の山行で、長野県川上村側から金峰山へ。(参加者15名)

IMG_0894 kinp 01.jpg
山頂西の五丈石

歩いたコースと時間
金峰山荘(8:55)→中ノ沢出合(10:00-10)→(途中で昼食30分)→金峰山小屋(12:35-45)→金峰山(13:10-35)→金峰山小屋(13:55-14:05)→中ノ沢出合(15:25-35)→金峰山荘(16:20)

今回の、川上村営金峰山荘からのコースは標高差がおよそ1030m、コースタイムは6時間で、大弛峠からのコース(標高差235m、コースタイムは3時間30分)と比べるとキツイコースですね。
(私は、金峰山は2回目で、1回目は、11年前の9月初旬にツアーで大弛峠から往復しています。)

マイクロバスで栃木県の南部を朝5時に出発し、8時半過ぎに金峰山荘に到着。金峰山荘前から登山開始は 8:55。

IMG_0915 kinp 02.jpg
川上村営金峰山荘(帰りに撮影)

IMG_0852 kinp 03.jpg
山荘前から山荘の左上に見える屋根岩

キャンプ場の横を通って林道を進みます。広い芝生の解放感のあるキャンプ場で、なかなかいい環境のようでした。平日にもかかわらずテントとタープが6,7か所に張られていました。

IMG_0854 kinp 04.jpg
廻目平キャンプ場

西股沢沿い林道を歩いて中ノ沢出合まで1時間少々ですが、西股沢の綺麗な渓流を見ながらの林道歩きでした。このあたりの山域は花崗岩質なので、渓流も水が澄んでいて綺麗なのですね。

IMG_0855 kinp 05.jpg
西股沢の渓流

IMG_0857 kinp 06.jpg
沢沿いの林道

IMG_0858 kinp 07.jpg
中ノ沢出合から先を見る

丸木の橋を渡ってすぐに砂防堰堤が見えてきて、堰堤のすぐ手前を右に折れて巻き道を登って行きます。

IMG_0910 kinp 08.jpg
堰堤手前を右に行く(帰りに撮影)

砂防堰堤の先の沢沿いの登山道が3年程前に大雨で崩落したため、背の高いシャクナゲ林を切り開いて高巻きの登山道が作られたようです。

IMG_0862 kinp 09.jpg
切り開かれたシャクナゲ林の登山道

シャクナゲ林を抜けるとカラマツ林となり、カラマツの落ち葉のクッションの道を心地よく歩きます。

IMG_0863 kinp 10.jpg
カラマツ林の道

「最終水場」の標識のある枝沢を渡って、針葉樹林帯の登が続きますが、途中再び背の高いシャクナゲの森を通ります。

IMG_0866 kinp 12.jpg
針葉樹林帯の登り

IMG_0867 kinp 13.jpg
再び背の高いシャクナゲの森


シャクナゲの森を抜けると、オオシラビソ、コメツガ、チョウセンゴヨウ(マツ)、トウヒの樹名板のある木のそばを通って、もうすぐ金峰山小屋のようですが、なかなか小屋は見えず。

IMG_0870 kinp 14.jpg
針葉樹林帯の登り

途中でバテたメンバーがいたので、小屋の手前の緩やかなやや広い登山道で昼食をとり、その先の急登部を登ってやっと林の先に金峰山小屋の建物と大岩が見えてきました。

IMG_0877 kinp 15.jpg
金峰山小屋の建物と小屋の横の大岩

小屋横の広場で休憩し、その上のハイマツ帯の急な石の道を休みながら登ってやっと山頂へ。

IMG_0879 kinp 16.jpg
山頂から西に延びる稜線(小屋の横のベンチのある広場より)
(岩のピークは千代ノ吹上と砂払ノ頭か?)

IMG_0880 kinp 17.jpg
小屋の少し上から振り返る(下に金峰山小屋と小屋横の大岩)

IMG_0881 kinp 18.jpg
山頂への石の道

IMG_0891 kinp 19.jpg
山頂

山頂からは近くの稜線や五丈石は良く見えていましたが、周囲は雲で覆われて見えず。

IMG_0888 kinp 20.jpg
山頂横の大岩の上から五丈石

IMG_0885 kinp 21.jpg
同所より東側の大弛峠に続く稜線

五丈石 → 一枚目の写真

山頂から五丈石前に下りて、写真撮影と小休憩。
五丈石に少し登ってみましたが下から2段目くらいまで登って、下りるのが危険になりそうなのでその上は簡単に諦め、メンバーがいる所に下りて、全員そろって下山しました。

IMG_0900 kinp 22.jpg
下りの石の道(下に金峰山小屋)

中ノ沢出合まではゆっくり下り、中ノ沢出合からは時間が遅くなったので、ハイペースで林道を歩いて金峰山荘に到着。

曇りでほとんど眺望はありませんでしたが、久しぶりに五丈石の前に立つことができ、西股沢の綺麗な渓流も見ることができました。このコースは金峰山小屋の前後の急登もあるやや長いコースですが、シャクナゲ林が多いので、6月頃には綺麗なシャクナゲの花を見ながら登れるのでしょうね。


『金峰山の五丈石(ごじょうせき)の岩頂は、釜無川をへだてた鳳凰三山の地蔵仏岩と好一対である。最近は、これを五丈岩と書き誤る人が多い。昔は、御像石(ごぞうせき)、御影石(ごえいせき)ともいった。ちなみに金峰山は甲府市の最高点で長野県境の山。』
(「富士を眺める山歩き」、山村正光著、毎日新聞社、2001年6月20日発行、189ページ)

瑞牆山(概要)・・・紅葉はもう見頃かな。 [山歩き]

時々山歩きはしているのですが、ブログの記事作成はスランプになっており、なかなか更新ができず。記事も溜まってきたので、まずは最近登った瑞牆山の記事を簡単に書くことに・・・。

2016年10月12日(水) 晴れ
瑞牆山(みずがきやま、2230m): 山梨県北杜市

歩いたコース:瑞牆山荘から往復

紅葉は所々で見られましたが、この時点では、まだまだ緑の木が多い状態でした。
瑞牆山の紅葉は10月下旬が見頃でしょうか。

IMG_1088 mizug r1.jpg
富士見平林道のヴューポイントより
(カラマツの黄葉や岩峰の紅葉は見られませんでした。)

瑞牆山荘からの往復では、下りで富士見平林道を通るのがお奨めです。

以下山頂からの景色。

IMG_1078 mizug r2.jpg
山頂標識右奥に南アルプスの山並み(農鳥、間ノ岳、北岳、仙丈、甲斐駒、鋸)

IMG_8815 mizug r3.jpg
八ヶ岳

IMG_1077 mizug r4.jpg
大やすり岩

IMG_8846 mizug r5.jpg
西下の岩峰(紅葉はわずか)

12年ぶりに登りましたが、桃太郎岩の上からの、岩の続く急登はなかなか大変でした。
前回は苦労した記憶がないので、比較的楽に登れたのでしょうね。歳ですね。

瑞牆山の前に登った、金峰山、苗場山のレポも作成予定なので詳細はその後になります。

大岳山・・・レンゲショウマ咲く御岳山から大岳山、鋸尾根を奥多摩に下る [山歩き]

ブログの記事作成もいろんな理由でスランプになっており、なかなかブログの更新ができず。
山歩きも時々行っているのですが・・・。

1か月前の山歩きの記事です。


2016年8月25日(木) 曇り時々晴れ
大岳山 (おおだけさん、1266.5m) : 東京都西多摩郡檜原村・奥多摩町

IMG_3870 odake 00.jpg
御岳山と大岳山 (高水三山 馬仏山付近より(2015/3/11撮影))

所属する山の会の山行で、奥多摩の大岳山に登ってきました。(参加者17名)
御岳山はレンゲショウマの群生地で良く知られており、「レンゲショウマまつり」(*)の期間中で、御岳山駅のすぐ上に広がるレンゲショウマの群生地等では、終盤でしたが綺麗な花を見ることができました。

(*)「みたけ山レンゲショウマまつり」2016年7/16~9/11
今年は8月中旬から満開を迎えたとか。

IMG_0742 odake 01.jpg
群生地のレンゲショウマ

大岳山は奥多摩の名峰で、日本二百名山であり、花の百名山です。
約3か月前の7月初旬にNHKの「にっぽん百名山」で大岳山が放送されており、4月中旬の春の花の季節に登った内容となっていました。
『花の百名山』では、イワウチワが挙げられていますが、その放送では、今は鹿の食害や盗掘で少なくなったイワウチワの群生地を訪れていました。

『古くから農業の神として、また火災や盗難の守護神として山岳信仰の対象であった。山頂付近の大岳神社(大嶽神社)は徳川幕府の江戸城守護の祈願が行われていたという。多摩川の南岸にある大岳山、御前山、三頭山を奥多摩三山と呼ぶ。』(Wikipedia)


歩いたコースと時間
御岳山駅(7:45)→武蔵御嶽神社(8:25-35)→芥場峠(9:40)→大岳山荘(10:20-25)→大岳山(10:45-11:15)→鋸山(天地山)(12:50-13:00)→愛宕神社(15:10)→氷川キャンプ場南町営有料駐車場(15:40)

滝本駅から、平日朝一番(7:30発)のケーブルカーで御岳山駅へ。レンゲショウマ撮影のグループや単独の方が10人くらい同乗していました。

レンゲショウマの群生地は御岳山駅のすぐ上で、わずかに登ると群生地になり、花は終盤でしたが、あちこちに咲いていました。最盛期には一面レンゲショウマの林になり素晴しい光景になるのでしょうね。

レンゲショウマを見た後、御嶽神社に向かいます。御師集落を通り神社に到着。

IMG_0747 odake 02.jpg
御師集落の道路脇に咲く秋海棠

IMG_0751 odake 03.jpg
武蔵御嶽神社

正面の随身門には、「平成29年酉年式年大祭」の横幕が掛けられており、来年に備えて神社内の装飾彫刻などの補修工事が行われているようでした。

IMG_0760 odake 04.jpg
補修工事中の幣殿・拝殿

IMG_0763 odake 05.jpg
本殿裏のレンゲショウマ(花が沢山付いていました。)

神社から登山道に入り少し歩くと、「山岳耐久レース長谷川恒男CUP」で有名な長谷川恒男さんの碑がありました。

IMG_0772 odake 06.jpg
長尾平のハセツネ碑
(長谷川恒男顕彰碑(没後20年を記念して2011年10月10日に建立されたもの))

山岳耐久レース「ハセツネ」とは
http://www.hasetsune.com/about/

長谷川恒男さんのプロフィール
http://www.hasetsune.com/about/profile.html
長谷川恒男さんは、先鋭的なクライマーだったのですね。

歩きやすい広い山道を歩いてロックガーデンからの合流点へ。

IMG_0776 odake 07.jpg
途中にあった、「天狗の腰掛杉」

IMG_0780 odake 08.jpg
ロックガーデンからの合流点の休憩所

ここから広葉樹の斜面を登って芥場峠へ。

IMG_0784 odake 09.jpg
芥場峠
(ここは、NHKの放送では、イワウチワの咲く岩場に寄り道した分岐でした。)

この先から岩場、鎖場が数か所あり、大岳山荘から大岳神社横を通り、大岳山へ。

IMG_0788 odake 10.jpg
岩場の始まり

IMG_0792 odake 11.jpg
岩場
(ハセツネではこの岩場も走る(歩く?)のですね。)

IMG_0795 odake 12.jpg
大岳山荘
(2008年に閉鎖して荒廃状態)

IMG_0796 odake 13.jpg
大岳神社の鳥居と参道

IMG_0797 odake 14.jpg
大岳神社

杉林の中を登りやや急な岩場を登って山頂に到着。雲が多く山頂からの遠望はなし、残念。

IMG_0818 odake 15.jpg
大岳山 山頂

IMG_0812 odake 16.jpg
大山、丹沢方向

IMG_0814 odake 17.jpg
中央に権現山(晴れていればすぐ左奥に富士山が見えるはず。)

IMG_0811 odake 18.jpg
御前山(右)と三頭山(中央)

雲で富士山や周囲の山が見えなかったので、以下にカシミール3Dによる山頂からの展望図2枚。

oodakesan 19.png

oodakesan 20.png

昼食後、鋸山から奥多摩方向に向かいます。鋸山までの道は新緑・紅葉の時期は美しい稜線歩きができるとのことですが、今回は曇りで展望もなく花も少ないので黙々と下ります。

IMG_0827 odake 21.jpg
鋸山への登り

IMG_0829 odake 22.jpg
鋸山

鋸山から天聖神社が近くなり、鎖やはしごの架かる岩場や急登部を登って小祠と2体の天狗の石碑のある天聖神社へ。

IMG_0837 odake 23.jpg
天聖神社手前の鉄ハシゴ

IMG_0838 odake 24.jpg
天聖神社

大岳山からは長い下りの連続で、天聖神社から奥多摩登山口のすぐ近くの愛宕神社に着いたときはホッとしましたが、愛宕神社からの下りも長い急階段や急斜面でなかなか気が抜けませんでした。

IMG_0845 odake 25.jpg
愛宕神社の急な長いコンクリート階段(下りてから下から見上げる)

IMG_0847 odake 26.jpg
奥多摩登山口の案内図

下山後はすぐ近くの「もえぎの湯」に立ち寄り、帰路へ。

曇りで展望はほとんどなく、下りは長くてややつらい尾根歩きでしたが、御嶽神社に参拝し、レンゲショウマも見ることができました。春や紅葉の季節はいいコースなのでしょうね。

途中で撮影した花

IMG_0745 odake 27.jpg IMG_0769 odake 28.jpg
ヤマジノホトトギス                         ツリフネソウ

IMG_0770 odake 29.jpg IMG_0832 odake 30.jpg
フジグロセンノウ                            ??

針ノ木岳からの展望図他 [山岳展望]

カシミール3Dによる針ノ木岳山頂からの展望図を纏めてみました。

harinoki ST1.png
南東から南(八ヶ岳、富士山、南アルプス、常念岳、燕岳等)

harinoki ST2.png
南西(穂高岳、槍ヶ岳、乗鞍岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳、薬師岳)

harinoki ST3.png
西(薬師岳、五色ヶ原)

harinoki ST4.png
北西(立山、剱岳)

harinoki ST5.png
北(スバリ岳~岩小屋沢岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五龍岳、白馬岳、火打山、妙高山)

harinoki ST6.png
東(髙妻山、横手山、四阿山、浅間山)

harinoki ST7.png
東から南東(四阿山、浅間山、八ヶ岳)


以下ややアップ・アップの図と今回(2016/8/5)撮影した写真。 

harinoki ST11.png
南方向(穂高岳、槍ヶ岳、乗鞍岳他)のややアップ

IMG_8766 yariho.jpg
穂高岳、槍ヶ岳のアップの写真
(PC画面で北穂高岳をアップして見ると、北穂高小屋も写っていました。)

IMG_8751 kurobeg.jpg
赤牛岳(右)の左に頭を出している黒部五郎岳(左に聳えるのは水晶岳(黒岳))

IMG_8748 hun en.jpg
槍ヶ岳、乗鞍岳と噴煙のアップ

ここで、乗鞍岳に重なって御嶽山の噴煙が見えていたので、確認してみました。
地図で見ると、針ノ木岳・乗鞍岳・御嶽山は、ほぼ一本の直線上にあります。

harinoki ST12.png
槍ヶ岳と乗鞍岳のアップ

乗鞍岳の山頂右奥に小さなピークが見えます。(矢印部)
カシミール3Dの作図条件を変更して、高度3000m(針ノ木岳の山頂から+180m)の条件で作図して見ると下図のようになり、御嶽山の剣ヶ峰と摩利支天山が見えています。

harinoki ST13.png
槍ヶ岳と乗鞍岳のアップ(高度を+180mにして作図)


上掲の写真の噴煙は確かに、御嶽山のものですね。
山は見えないが噴煙だけ見えている。面白いですね。

また、赤沢岳の山頂から見えそうな白山についても作図してみました。
条件がいいと見えるのでしょうね。

akazawa hakusan ST14.png
赤沢岳山頂から白山

なお、今回、針ノ木小屋や針ノ木岳の山頂からは、南東方向の、南アルプス、富士山は雲で見えませんでした。残念。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。