So-net無料ブログ作成
検索選択
山歩き ブログトップ
前の5件 | -

本沢温泉泊で天狗岳・・・二日ともガスと小雨、温泉と高山植物を楽しむ [山歩き]

2017年7月26日(水)・27日(木) 曇り時々小雨

天狗岳(てんぐだけ;2645.8m(西天狗岳)、二百名山):長野県茅野市

所属する山の会の宿泊山行で、八ヶ岳の天狗岳に登ってきました。

7年前の2010年10月23日に、単独で今回とはほぼ逆のコースを日帰りで歩いたことがあります。
そのときのコースは、みどり池入口→中山峠→天狗岳→白砂新道→本沢温泉→みどり池入口でした。本沢温泉泊の予定でしたが、本沢温泉に昼頃着いたので雲上の湯に浸かって下山したのでした。
今回は、本沢温泉泊なので、前回宿泊しなかったこともあり、会の山行に参加しました。

一日目
歩いたコースと時間
みどり池入口(9:00)→こまどり沢広場 (10:15-20)→みどり池 (10:55-11:20)→本沢温泉(12:40)


IMG_2982 tengu 12.jpg
本沢温泉

林道から登山口に入り、少し進んですぐに林道に出ると次の登山道は森林伐採のため通行止め。登山道を迂回して林道歩きとなります。

IMG_2951 tengu 01.jpg
森林伐採のため林道を通る(林道上部)

IMG_2953 tengu 02.jpg
林道からみどり池方向へ

途中歩きやすい細い林道を通ります。この道の両側には、センジュガンピ、ヤマオダマキ、イチヤクソウが所々に咲いていました。

IMG_2955 tengu 04.jpg IMG_2959 tengu 05.jpg
センジュガンピ                          イチヤクソウ

こまどり沢広場から進んで針葉樹林帯を通ってみどり池・しらびそ小屋に到着。みどり池の正面に見える天狗岳はガスでまったく見えず。
しらびそ小屋の池側の窓の外には、リスとウソがヒマワリの種のような餌を食べていました。

IMG_2958 tengu 03.jpg
こまどり沢広場

IMG_2965 tengu 06.jpg
みどり池としらびそ小屋

IMG_2968 tengu 07.jpg
みどり池

IMG_2969 tengu 08.jpg
餌を食べるリスとウソ

みどり池からは、かつて材木搬出に使われたトロッコの軌道が残る緩やかな道となります。

IMG_2972 tengu 09.jpg
トロッコの軌道が残る緩やかな道

少し進んで、中山峠分岐から本沢温泉方向に進むと木道のある湿地帯となり、クリンソウの群生地が広がっていました。
花はほとんど終わりで、かろうじて木道付近に2本だけ残っていました。クリンソウの見頃は7月上旬のようで、この頃には、イチョウランも見られるとか。

IMG_2977 tengu 10.jpg
クリンソウの群生地

IMG_2979 tengu 11.jpg
咲き残っていた2本

平坦地から、白砂新道付近から西に延びる尾根を越えて、南方向に下り、本沢温泉への林道となり、林道を10分弱進んで本沢温泉に到着。

本沢温泉  → 一枚目の写真

本沢温泉に到着後、小休憩をして、日本最高所の野天風呂である「雲上の湯」に行きました。途中で小雨が降ってきて、小雨の中での入浴。白濁した硫黄泉(*)で温度はやや熱め(43℃くらい?)、でした。
硫黄岳から流れる湯川の河原にある野天の浴槽は解放感・秘湯感満点です。熱めの湯に入って浴槽から出て小雨にあたると、冷たくて気持ちが良いです。
(*)酸性-含硫黄-カルシウム-マグネシウム-硫酸塩温泉 [硫化水素型]、 pHは3.1

IMG_2986 tengu 13.jpg
雲上の湯

内湯の方は、鉄分を含む薄い茶褐色の濁り湯で、こちらもやや熱め。茶色の析出物が周囲に固化した木製のやや広い湯船に、夕食前と消灯前にのんびりと浸かることができました。
内湯は、野天の「雲上の湯」とは源泉が異なり、鉄分を含むようですが、泉質の分析結果表示は発見できず。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

二日目
歩いたコースと時間
本澤温泉(5:10)→夏沢峠(6:20-50)→箕冠山(7:25)→根石岳 (7:45-50)→白砂新道分岐 (8:02)→東天狗岳(8:30-40) →西天狗岳(9:00-05)→東天狗岳(9:25-35)→(途中で昼食)→中山峠 (11:25)→みどり池 (12:48-13:00)→こまどり沢広場(13:25)→みどり池入口(14:18)

IMG_3018 tengu 21.jpg
根石岳南の鞍部に咲くコマクサ


IMG_2994 tengu 14.jpg
早朝の出発

夏沢峠直下は地図で見ると、等高線が密になっていて急坂の登りにくい道かと思っていましたが、やや広い大きなジグザグの道になっていて登りやすいものでした。(vs.中山峠の下りは急下降の道。)
途中で短時間ガスが薄くなって、硫黄岳北側の岩壁も見えていました。

IMG_2999 tengu 15.jpg
歩きやすい大きなジグザグの道

IMG_3000 tengu 16.jpg
硫黄岳北側の岩壁

夏沢峠で朝食。小屋の向こうに硫黄岳が見えることもありましたが、写真を撮るときには全くガスに隠れて見えず。

IMG_3004 tengu 17.jpg
夏沢峠(右がヒュッテ夏沢、左は山びこ荘。正面の硫黄岳は見えず。)

夏沢峠から緩やかな樹林帯の道を歩いて、箕冠山から根石岳へ。途中シャクナゲの花が多く見られました。

IMG_3008 tengu 18.jpg
箕冠山

IMG_3010 tengu 19.jpg
箕冠山と根石岳の鞍部

IMG_3012 tengu 20.jpg
鞍部に咲くコマクサ

コマクサのアップ  → 二日目の1枚目の写真

IMG_3024 tengu 22.jpg
根石岳

IMG_3026 tengu 23.jpg
白砂新道分岐

IMG_3030 tengu 24.jpg
東天狗岳山頂がガスの中から見えてきた

東天狗岳が近くなると高山植物の咲くやや急な岩稜となり、花を見ながら登って山頂に到着。

IMG_3031 tengu 25.jpg IMG_3032 tengu 26.jpg
ヨツバシオガマ                          イブキジャコウソウ

IMG_3033 tengu 27.jpg IMG_3035 tengu 28.jpg
イワオウギ                             ミヤマダイコンソウ

IMG_3037 tengu 29.jpg
東天狗岳

山頂もガスの中で周囲は全く見えず。小休憩をしている間に小雨となり、ザックを集めて置いて、カッパを着て西天狗岳へ。

IMG_3038 tengu 30.jpg
西天狗岳

西天狗岳もガスの中、早々に東天狗岳に戻り中山峠に向かって下ります。

中山峠への下りでは、大きな岩が重なる歩きにくい岩尾根がありますが、ここで東京国立から来た小学5年生のグループ(生徒70名、全員で80名)とすれ違い、我がグループは20名なので、お互いに小グループに分かれて譲りあいで交互にゆっくり気を付けての登り下りでした。

中山峠手前のやや広い開けた場所で昼食。ガスが時々晴れて南に稲子岳南壁が見えていました。

IMG_3047 tengu 31.jpg
稲子岳南壁

IMG_3054 tengu 32.jpg
中山峠

中山峠からはすぐに鎖のある急斜面となり、鎖が終わっても急斜面のジグザグ道歩きとなり注意して下ります。この急斜面は、前回登った時には息を切らして登り、きつい斜面との記憶がありました。

急斜面が終わると緩やかな斜面となり、歩きやすい道になります。途中ダケカンバの綺麗な林あり、ここでは針葉樹が下に茂っていて、あまり見慣れない光景のようでした。

IMG_3057 tengu 33.jpg
ダケカンバの林

緩やかな歩きやすい道が続くのでやや速足で下り、みどり池から来た道を下って行きます。
森林伐採で登山道が通れず林道歩きとなりますが、林道の中間から下部は重機やトラックが頻繁に通ったあとのひどい泥濘の道。

木材をトラックに積み上げる重機の横を通るときに、先頭を歩いた私が(SLだったので)運転手に、大きい声で。
私:『(横を)通りま~っす!』
運転手:『ご迷惑をおかけします。』
私:『カラマツですか?』
運転手:『そうです。ティシュペーパーになります。』
(へぇ~、ティシュペーパーになるんだ。)

IMG_3074 tengu 34.jpg
木材積み込み場と泥濘の道

長い泥濘の道を、歩きやすい所を選びながらゆっくり歩いて、みどり池入口駐車場に帰ってきました。

2日ともガスと小雨でほとんど眺望のない山歩きでしたが、山の秘湯に浸かり、高山植物も見られたので、まずまずの山行となりました。
今年の夏は天候に恵まれませんね。


以下は、前回2010年10月23日に登ったときの写真2枚。

P1080233 tengu 35.jpg
白砂新道分岐から東天狗岳(中央)と西天狗岳(左)

P1080200 tengu 36.jpg
西天狗岳から南八ヶ岳の峰々


ちなみに、少し古い情報ですが、山の温泉ランキングです。
(『山と溪谷』2007年10月号(保存版 山の温泉大全)より。)

・読者アンケート「あなたの好きな山の温泉はどこですか?」
1位 北アルプス 白馬鑓温泉
2位 安達太良山 くろがね温泉
3位 八ヶ岳   本沢温泉
4位 北アルプス 高天原温泉
5位 那須    三斗小屋温泉
6位 八ヶ岳   赤岳鉱泉
7位 北アルプス 蓮華温泉
8位 北アルプス 阿曾原温泉
9位 北アルプス みくりが池温泉
10位 九重    法華院温泉
11位 北アルプス 仙人温泉
12位 苗場山   赤湯温泉

・高所温泉ランキング
1位 地獄谷温泉(富山県)2300m
2位 本沢温泉(長野県) 2150m
3位 高天原温泉(富山県)2100m
3位 白馬鑓温泉(長野県)2100m
5位 夏沢鉱泉(長野県) 2060m

nice!(18)  コメント(14) 

平標山・仙ノ倉山・・・花の百名山 初夏の花は終わり、盛夏の花の咲き始め [山歩き]

2017年7月19日(水) 晴れ時々曇り

平標山(たいらっぴょうやま;1984m、花の百名山(*)):群馬県みなかみ町・新潟県南魚沼市
仙ノ倉山(せんのくらやま;2026m、二百名山):同上
(*)NHK版 花の百名山、決定版 花の百名山・・・主な花はどちらもキンコウカ

IMG_2886 tairap 01.jpg
ニッコウキスゲの小群生地と平標山(仙ノ倉山への途中の道より)

6月中旬に皇海山に登ったメンバー4人で、ハクサンイチゲやハクサンコザクラが満開になる花の平標山に6月下旬から7月初めに行こうとの提案があり、チャンスを狙っていたのですが、他の山行や天気が悪い日が多くなかなか行けませんでした。

やっと7月19日になって、4人の都合もよく、天気も良くなりそうなので決行。平標山から仙ノ倉山への鞍部のお花畑まで時間がかかるようなら仙ノ倉山へは行かないことにして、松手ルートから時計回りで登ることにしました。

歩いたコースと時間
平標登山口(7:23)→送電線鉄塔 (8:35-40)→松手山 (9:17-25)→平標山(10:54-11:05)→仙ノ倉山(11:58-12:30)→平標山(13:20-35)→平標山の家 (14:10-20)→平元新道登山口 (15:13)→平標登山口(16:05)

メンバーの一人のKさんは新潟県出身で、国道17号をよく通っており、道路事情が良く分かっていたため、栃木県小山の道の駅からKさんの運転で平標登山口駐車場まで2時間で到着。
予定より早い時間から登れることになったので、仙ノ倉山まで行けそうです。

松手ルート登山口から急登の道を休みながら登り、高さ120mの送電線の鉄塔の横を通って松手山へ。途中、クルマユリやカラマツソウが咲いていました。

IMG_2830 tairap 02.jpg IMG_2831 tairap 03.jpg
クルマユリ                                   カラマツソウ

IMG_2833 tairap 04.jpg
送電線鉄塔の先から苗場スキー

IMG_2836 tairap 05.jpg
松手山

松手山からの平坦な道と緩やかな登りの道の両側には、ハナニガナが続いて咲いていました。
緩やかな登りのあと、平標山北西の肩に登る道はやや急登となりますが、ここもお花畑が続き、多くの花が咲いています。シモツケソウ、タテヤマウツボグサ、キオン等はまだ蕾が多く咲き始めで、ハクサンフウロ他多くの花が咲いているのですが、一面お花畑となるには少し早かったようです。

IMG_2837 tairap 06.jpg
松手山の先から平標山方向

IMG_2841 tairap 07.jpg
平坦地から山頂北東の肩へのやや急な登り(山頂方向は雲の中)

IMG_2839 tairap 08.jpg IMG_2849 tairap 09.jpg
ハナニガナ                             タテヤマウツボグサ

IMG_2845 tairap 10.jpg IMG_2847 tairap 11.jpg
シモツケソウ                            オオバギボウシ

IMG_2858 tairap 12.jpg IMG_2862 tairap 13.jpg
ハクサンフウロ                           ミヤマコゴメグサ

北東の肩からは緩やかな道となり山頂に到着。山頂はガスに覆われて周囲は見えず。
山頂で小休憩して、仙ノ倉山へ。

IMG_2866 tairap 14.jpg
平標山 山頂

IMG_2867 tairap 15.jpg
仙ノ倉山方向への下り

6月中旬からハクサンイチゲやハクサンコザクラが満開になる平標山から仙ノ倉山への道の鞍部では、それらの花はほとんど残っておらず、全体的に花は少なかったものです。
鞍部から仙ノ倉山までは、ハクサンフウロ、カラマツソウが多く、オノエランも所々に咲いていました。ハクサンシャクナゲも終盤で、ヨツバシオガマ、ウサギギクは咲き始め。

鞍部から登りとなり少し進むと登山道の両側にニッコウキスゲの小群生地があり、ちょうど見頃でした。

IMG_2876 tairap 16.jpg
ニッコウキスゲの群生地

ニッコウキスゲ群生地上から平標山   →  一枚目の写真

IMG_2891 tairap 18.jpg IMG_2892 tairap 19.jpg
ハクサンイチゲ(この日見たのはこの花だけ)            ヨツバシオガマ

IMG_2893 tairap 20.jpg IMG_2908 tairap 21.jpg
オノエラン                               ウサギギク

IMG_2905 tairap 22.jpg
ニッコウキスゲと仙ノ倉山山頂(白い花はカラマツソウ)

IMG_2906 tairap 23.jpg
仙ノ倉山への最後の登り(右側下に残雪あり)

仙ノ倉山山頂に到着、山頂はやはりガスで眺望はなし。ここでガスが晴れることを期待して昼食。

IMG_2919 tairap 24.jpg
仙ノ倉山 山頂

昼食中に、谷川岳方向から男女2人と単独の男性が登ってきました。単独の男性は、朝6時に肩の小屋を出てちょうど6時間で到着とか。

昼食後少し待ってもガスは晴れそうで晴れないので下山開始。

木の階段のすぐ横に咲くハクサンフウロやカラマツソウが綺麗でした。

IMG_0025 tairap 25.jpg
カラマツソウ(蕾や蕊の薄紫色が綺麗でした。)

IMG_0027 tairap 26.jpg
ニッコウキスゲの群生地を下る

IMG_0039 tairap 27.jpg
東芝ランプ(肩ノ小屋ヨリ 10500m)の標識
(肩の小屋より10000mの標識もありました。)

鞍部からやや長い木の階段を登り平標山に戻って小休憩をしていると、ガスが晴れて綺麗に仙ノ倉山が見えてきました。

IMG_0050 tairap 28.jpg
平標山から仙ノ倉山(左から2番目のピークが山頂)

IMG_0053 tairap 29.jpg
仙ノ倉山をバックに

ずっと雲で見えなかった苗場山も雲の間から僅かに見えるようになりました。

IMG_0059 tairap 30.jpg
雲の間から苗場山

ガスが晴れて強い日差しとなった中を下山開始です。木製の階段が続く道を下ります。

IMG_0072 tairap 31.jpg
平標山の家への下り

山の家が近くなり、登山道横に点在する池塘ではキンコウカが咲き始め。4,5日くらい後には満開になり一面が黄色になりそうです。

IMG_0075 tairap 32.jpg
咲き始めのキンコウカ

平標山の家で、小屋の外の流し台に引かれて流されている冷たい「仙平清水」を飲んで休憩。

IMG_0087 taorap 33.jpg
平標山の家と山頂方向

IMG_0090 tairap 34.jpg
山の家の裏側から東方向を見る

山の家から、長く続く丸太の階段の道を下って、平元新道登山口から林道を歩いて登山口の駐車場へ。
途中の「折らないで下さい!! 採らないで!!」の看板があるオオナルコユリの花は終盤。

IMG_2922 taira 35.jpg
オオナルコユリ

IMG_2923 tairap 36.jpg
連続する丸木の階段

一面のお花畑を期待して登りましたが、仙ノ倉山方向への鞍部のお花畑では人気の花は終わっており、平標山の北東の肩への登りのお花畑も花が満開になるには少し時期が早かったようです。それでもさすがに花の平標山と呼ばれるだけあって、上部では多くの花を見ながら緩やかな稜線歩きを楽しむことができました。
やはり、6月の中旬から下旬の、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、チングルマが一面に咲くお花畑が見てみたいですね。

平標山は、今回初めて時計回りで登りましたが、3回登ってみての感想として、長く続く木の階段の登り下りは案外疲れるので、松手山ルートの往復が一番時間的にも短いし楽なのかなと思いました。


以下は、14年前に初めて登ったときの写真2枚。

P9230010 tairap 37.jpg
仙ノ倉山下から苗場山と平標山(2003年9月23日)

P9230011 tairap 38.jpg
仙ノ倉山下から北東方向の眺望(同上)

前回(2015/8/27)の平標山登山の記事です。
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2015-09-14

西吾妻山・・・グランデコパノラマゴンドラ山頂駅から往復、ガスの中お花畑の花を楽しむ [山歩き]

2017年7月12日(水):小雨後曇り

西吾妻山(にしあずまやま;2,035m):福島県北塩原村・山形県米沢市

IMG_2798 n azuma 01.jpg
西吾妻小屋

所属する山の会の山行で、福島県のグランデコスノーリゾートのパノラマゴンドラ山頂駅から西吾妻山を往復してきました。(参加者23名。)

下山時の最後だけ雲が晴れて周囲の一部の山々等が見えましたが、一日中曇りで、山の上部はガスが懸ることが多く、ガスの中で展望の全くない山歩きでした。
それでも、西大巓から西吾妻小屋の間に続くお花畑では、ガスの中、登山道の周囲一帯に咲く多くの花々を楽しむことができました。
晴れていれば素晴らしい展望も見られたでしょうね。

歩いたコースと時間
パノラマゴンドラ山頂駅(9:00)→西大巓(11:25-30)→西吾妻小屋(12:25-13:00)→西吾妻山(13:15)→西吾妻小屋(10:25-30)→西大巓(14:15-20)→パノラマゴンドラ山頂駅(15:40)

グランデコスノーリゾートに到着すると、小雨が降っており、レインウエアーを着て朝一番(8:30)のゴンドラに乗り、ゴンドラ山頂駅から登山開始。

IMG_2717 n azuma 02.jpg
グランデコスノーリゾート下部(右の階段を登ってパノラマゴンドラ乗り場へ)

IMG_2720 n azuma 03.jpg
パノラマゴンドラ山頂駅前のスキーゲレンデと案内板(登山道は右方向)
(大きい案内板の下に、ヒオウギアヤメの群生あり。)

ゲレンデの道から樹林帯の登りへ。ゲレンデ登りの途中で小雨が止み、むし暑いのでレインウエアーを脱ぐことになりました。

IMG_2723 n azuma 04.jpg
ゲレンデを登る

IMG_2728 n azuma 05.jpg
ゲレンデを離れて樹林帯へ

樹林帯の登山道は、大きな石や木の根の多いやや急な登りが続き、大勢の人数では時間がかかります。

IMG_2732 n azuma 06.jpg
大きな石や木の根の多いやや急な登り

樹林帯の道では、花は多くありませんが、所々でオオバユキザサ、マイヅルソウ、ゴゼンタチバナなどが咲いていました。

IMG_2729 n azuma 07.jpg IMG_2735 n azuma 08.jpg
オオバユキザサ                           ゴゼンタチバナ

途中からオオシラビソの森となり、西大巓山頂が近くなると、低木と笹混じりの道となり、イワカガミ、ベニバナイチゴ、ウラジロヨウラク、チングルマ、ハクサンチドリ、アカモノなどの花がちらほらと見られました。

IMG_2738 n azuma 09.jpg
オオシラビソの森の中の登り

IMG_2743 n azuma 11.jpg IMG_2748 n azuma 10.jpg
ベニバナイチゴ                             イワカガミ

西大巓山頂に着くと、全くのガスの中で周囲は見えないので、早々に西吾妻小屋方向へ。

IMG_2759 n azuma 13.jpg
西大巓山頂

山頂からは、稜線の南東をトラバースする道ですが、下り始めてすぐに登山道の両側はお花畑となり、チングルマ、イワカガミ、ウラジロヨウラク、イワイチョウ等の群生が続き、ハクサンチドリやアオノツガザクラも所々に。

IMG_2760 n azuma 14.jpg
ウラジロヨウラク

IMG_2769 n azuma 23.jpg IMG_2761 n azuma 22.jpg
チングルマ                             ハクサンチドリ

IMG_2781 n azuma 24.jpg IMG_2791 n azuma 25.jpg
イワイチョウ                           アオノツガザクラ

IMG_2770 n azuma 15.jpg
赤い石(凝灰岩?)の転がるお花畑の中の下りの道

IMG_2775 n azuma 16.jpg
チングルマ

IMG_2776 n azuma 17.jpg
お花畑の続く道

トラバース道の低い所では稜線の少し下に(登山道の左上側に)雪が残るところもあり、雪解け水が多い登山道横は湿地帯や池塘となっており、コバイケイソウ、イワイチョウの群生も見られました。

IMG_2777 n azuma 18.jpg
コバイケイソウ

IMG_2779 n azuma 18 2.jpg
イワイチョウの大群生

また、登山道から少し離れた所には、シナノキンバイの群生も。

IMG_2788 n azuma 19.jpg
シナノキンバイの群生

IMG_2792 n azuma 20.jpg
シナノキンバイとモミジカラマツ

IMG_2790 n azuma 21.jpg
シナノキンバイのアップ

お花畑歩きを楽しんだあと樹林帯を少し登って木道歩きとなり、すぐに西吾妻小屋に到着。
小屋の周囲ではチングルマは終わっており、ワタスゲ、コバイケイソウ、イワイチョウが少し咲いていました。

西吾妻小屋  → 1枚目の写真

西吾妻小屋の周囲で昼食とし、西吾妻山山頂へ。

山頂は木に囲まれた狭い所で、特に何もないので、すぐに来た道を戻ることに。
(ガスで展望も望めないし、登りの時間がかかってしまい、ゴンドラの最終時間(16:00)に間に合うように下山するため、天狗岩に行くのは止めにしたものです。)

IMG_2801 n azuma 26.jpg
西吾妻山 山頂

帰りもお花畑の花々を見ながら、ガスの中を行きます。

IMG_2805 n azuma 27.jpg
帰りの西大巓への道

西大巓への登り返しでメンバーの一人の足が攣りそうになり対応と休憩をしたり、大きな石の続く下りの道で全体にゆっくりのペースとなったりで、ゴンドラの最終時間にぎりぎりになりそうなので、ゴンドラの係の人に最終時間ぎりぎりになりそうとの連絡のため先発隊を出すことに。

先発隊3名の中に私も入って、やや急いで下ります。
樹林帯からゲレンデに出ると、周囲の雲も晴れてきて、磐梯山方向や小野川湖の一部も見えていました。

IMG_2810 n azuma 28.jpg
ゲレンデの下り(正面に雲の懸る磐梯山、中央やや右に小野川湖)

ゴンドラ山頂駅に15:40着。係の人に連絡して、他のメンバーを待っていると、ちょうど16時に全員が到着でギリギリセーフ。

ホッとしてゴンドラに乗ると、前方左手に安達太良山も見えていました。

IMG_2814 n azuma 29.jpg
グランデコ green season TREKKING MAPの一部

下山後すぐ隣にある裏磐梯グランデコ東急ホテルで入浴。入浴後ホテルの外に出ると綺麗な庭が広がっていました。
ホテルの庭、以下2枚。     
IMG_2815 n azuma 30.jpg IMG_2816 n azuma 31.jpg


今回の、西大巓から吾妻小屋間の鞍部南東を通る下りと登りの道は、素晴らしいお花畑を通る道で、昨年7月下旬に歩いた南蔵王不忘山のお花畑の道を連想させてくれるものでした。

昨年7月の南蔵王の記事
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2016-08-11

猫魔ヶ岳から雄国沼・・・レンゲツツジとニッコウキスゲの鮮やかなコラボ、ニッコウキスゲは3、4分咲き [山歩き]

2017年6月29日(水):晴れ

猫魔ヶ岳(ねこまがたけ;1402m):福島県磐梯町・北塩原村
雄国沼 (おぐにぬま;1090m):福島県北塩原村

IMG_9890 nekooguni 01.jpg
猫魔ヶ岳(一等三角点標識付近)より飯豊連峰

所属する山の会の山行で猫魔ヶ岳から雄国沼を歩いてきました。
雄国沼湿原のニッコウキスゲはまだ3.4分咲きでしたが、レンゲツツジやワタスゲとのコラボも見られ、美しいブナ林や落葉樹林を歩き、展望も楽しめた山歩きでした。

湿原全体が黄色に染まる時期にまた訪れてみたいものです。

歩いたコースと時間
八方台登山口(8:30)→猫魔ヶ岳 (9:40-10:00)→猫石(10:25-30)→厩岳山分岐→金沢峠(11:55-12:30)→雄国沼湿原(12:40-13:00)→雄国沼休憩舎(13:20-30)→雄子沢登山口(14:40)

IMG_2668 nekooguni 02.jpg
八方台登山口(猫魔ヶ岳登山口は写真の中央奥)

綺麗なブナ林の中の緩やかな道を登り、一度小さなピークを越え、猪苗代湖と磐梯山方向の展望が良い鞍部から猫魔ヶ岳山頂へ。

IMG_2672 nekooguni 03.jpg
綺麗なブナ林の中の緩やかな登り

以下は途中でよく見かけた花4種。

IMG_2676 nekooguni 04.jpg IMG_2684 nekooguni 05.jpg
ギンリョウソウ                           ユキザサ

IMG_2690 nekooguni 07.jpg IMG_2687 nekooguni 06.jpg
マイヅルソウ                          ハクサンシャクナゲ

山名板のある岩稜の猫魔ヶ岳山頂では地元のTV局のクルーの方々が「福島の絶景」の取材をしており、我々の会のメンバーも数人インタビューを受けました。

IMG_2698 nekooguni 08.jpg
猫魔ヶ岳から磐梯山

IMG_9868 nekooguni 09.jpg
猫魔ヶ岳山頂と飯豊連峰(中央から左奥)

IMG_9867 nekooguni 10.jpg
飯豊連峰のアップ(左から大日岳、御西岳、飯豊山)

IMG_9870 nekooguni 11.jpg
桧原湖(右奥は西吾妻山)

岩稜の山頂のすぐ奥に一等三角点の標識があり、ここからは眼下に雄国沼、その向こうに飯豊連峰が綺麗に見えていました。

一等三角点の標識付近から飯豊連峰のアップ  → 1枚目の写真

山頂から緑の林の中の緩やかな道をゆっくり下って猫石へ。

IMG_9911 nekooguni 12.jpg
猫石

猫石からも北西方向の眼下に雄国沼、その向こうに綺麗な飯豊連峰。

IMG_9892 nekooguni 13.jpg
猫石から 雄国沼と飯豊連峰(飯豊連峰には少し雲が懸ってきていました。)

IMG_9905 nekooguni 14.jpg
同上 金沢峠と雄国沼湿原のアップ
(雄国沼湿原は黄色に染まっていないようです。湿原の斜め右下の対岸はレンゲツツジで朱色に染まって見えていました。)

IMG_9907 nekooguni 15.jpg
同上 猪苗代湖
(猫魔ヶ岳山頂では綺麗に見えなかった南の猪苗代湖は少しはっきりと見えていました。)

猫石から右回りで金沢峠に下ります。下りの道沿いではズダヤクシュが多い中に、小さな花を付けたラン科の植物を発見。帰って調べてみるとコケイラン(小蕙蘭、別名「ササエビネ」)でした。

IMG_9913 nekooguni 16.jpg
コケイラン

厩岳山の分岐(分岐標識なし。)を通り過ぎて、しばらく進むと林道となり、林道の右、左、両側にタニウツギが綺麗に咲いており、林道沿いにずっと続いています。タニウツギを見ながら林道を進んで、やがて林道は、展望が開けて舗装道路になり、金沢峠に到着。

IMG_9932 nekooguni 17.jpg
タニウツギが両側にずっと続いて咲く林道

IMG_9931 nekooguni 18.jpg
タニウツギのアップ

金沢峠手前(南)からは磐梯山、猫魔ヶ岳、猫石と雄国沼湿原の木道が綺麗に見えています。

IMG_9947 nekooguni 19.jpg
金沢峠手前より磐梯山、猫魔ヶ岳、猫石と雄国沼湿原の木道
(磐梯山の右下が猫魔ヶ岳、その右下が猫石のピーク)

金沢峠で昼食のあと、湿原に下ります。

喜多方方向から金沢峠に登って来たバス(会津バスのシャトルバス)から降りたガイドさんらしき方が、『レンゲツツジが終わるとニッコウキスゲが満開になります。満開の時期はレンゲツツジは見られませんが、今日は両方見られますよ。』と説明されていました。なるほど・・・。

IMG_9956 nekooguni 20.jpg
湿原木道入口付近

IMG_9952 nekooguni 21.jpg
レンゲツツジとニッコウキスゲ

IMG_9958 nekooguni 22.jpg
木道を進む

IMG_9961 nekooguni 23.jpg
ニッコウキスゲが多く咲いている湿原の西の端(1枚前の写真の右手前奥あたり)

IMG_9963 nekooguni 25.jpg
木道近くのニッコウキスゲのややアップ

IMG_9966 nekooguni 24.jpg
ワタスゲとレンゲツツジ

IMG_9968 nekooguni 26.jpg
我が会の女性軍

IMG_9976 nekooguni 27.jpg
ニッコウキスゲが一番よく咲いている所を背景にお二人のハイカー


木道出口近くで咲き始めのヒオウギアヤメ発見。

IMG_9986 nekooguni 28.jpg IMG_9994 nekooguni 29.jpg
ニッコウキスゲ                           ヒオウギアヤメ

一方通行で、前後に東京の中学生の団体さんも続いていて、ややあわただしく木道を周回。
雄国沼休憩舎で休憩の後、雄子沢沿いの、緑豊かなブナ林や落葉樹林の中を通る緩やかな「雄国沼せせらぎ探勝路」を下って雄子沢登山口に下山。

IMG_9998 nekooguni 30.jpg
雄国沼休憩舎

下山後、ラビスパ裏磐梯で入浴してから帰路へ。

皇海山・・・庚申山から鋸11峰を越えて(後編:庚申山荘から皇海山、銀山平への下り) [山歩き]

2日目(2017年6月20日(火)):晴れ

庚申山(こうしんざん;1892m):栃木県日光市
鋸山 (のこぎりやま;1998m):栃木県日光市・群馬県沼田市
皇海山(すかいさん;2143.6m、【百名山】):栃木県日光市・群馬県沼田市

IMG_2539 sky 201.jpg
皇海山と鋸山(庚申山山頂先の展望地(見晴し)より)

歩いたコースと時間
庚申山荘(4:25)→お山巡り分岐 (5:05-10)→庚申山(5:45)→展望地(5:48-6:00)→薬師岳(7:13-20)→鋸山(8:33-40)→不動沢のコル(9:38-50)→皇海山(10:40-11:10)→不動沢のコル(11:45-50)→鋸山(12:40-45)→六林班峠(13:53-14:00)→天下の見晴分岐(17:05)→庚申山荘(17:15-35)→一の鳥居(18:40)→銀山平キャンプ場駐車場(19:50)

約15時間半に及ぶ山歩きとなり、写真も多く長い記事になりましたが、ご覧いただければ幸いです。

私は、写真を撮ったり、急登部では息が切れて休んだりすることが多いので、前日から常に4人のメンバーの最後尾を歩いています。

朝3:30に起床、朝食のあと4:25に庚申山荘発。

前日お山巡りで下った道を登って、初の門、一の門からお山巡り分岐へ、この分岐の上はすぐに大胎内でした。

その上の崖縁の道やはしごを登り、大岩の間の急登部を過ぎると、笹原の樹林帯となり、徐々に傾斜が緩やかになって庚申山に到着。庚申山山頂は樹林に囲まれて展望がないので3分くらい進んだところにある展望地(見晴し)で休憩。

IMG_2522 sky 202.jpg
大岩の間の急登部

IMG_2532 sky 203.jpg
庚申山 山頂(5:45)

展望地から皇海山と鋸山 → 一枚目の写真

展望地から下って、御岳山を通り、鞍部から駒掛山、溪雲山、薬師岳へと緩やかなアップダウンが続きます。途中にはシャクナゲが多く、花の時期はやや遅かったものの綺麗に咲いている花も多く見られました。満開の花をいっぱいに付けたやや大きなシロヤシオの木も数か所で見られてラッキー。

IMG_2552 sky 204.jpg IMG_2557 sky 205.jpg
御岳山                                           駒掛山

IMG_2559 sky 206.jpg IMG_2563 sky 207.jpg 
溪雲山                                            薬師岳

IMG_2609 sky 209.jpg IMG_2550 sky 208.jpg
シャクナゲ                              シロヤシオ             
        
薬師岳を下った鞍部で振り返ると左斜面(進行方向からは右斜面)のやや離れた所にサクラソウユキワリソウと黄色い花が綺麗に咲いている所がありました。(ゆっくり見る時間がないので残念。あとで撮った写真を拡大して見ると黄色の花は丸い葉をしたキスミレキバナノコマノツメのようでした。)

IMG_2565 sky 210.jpg
サクラソウとキスミレユキワリソウとキバナノコマノツメ?

白山の標識が置かれたピークからすぐに向こう側に荒々しい急斜面の岩肌のピークが見えてきました。

IMG_2566 sky 211.jpg
白山

IMG_2572 sky 212.jpg
先に見える急斜面の岩肌のピーク

少し進むとすぐに、ネットでいろんな方がこのコースで最難関の鎖場だったと説明されている蔵王山の下りの長い鎖場が現われました。
ネットで、この鎖場を真っ直ぐ下りるとほぼ垂直の岩場を下りることになるので、向かって左の少し緩やかで凹凸のある岩を下り、低木のある中間部から向かって右(写真中央の陰になっている所)に下りると危険度が少ないとの情報を得ていたので、その通りに下りると比較的問題なく下りることができました。

IMG_2574 sky 213.jpg
このコースで最難関とされる鎖場

続いて岩の斜面の下部近くをトラバースし、長いアルミはしごを登って少し樹林帯の急登から長いロープの続く急な岩場を慎重に登って行きます。

IMG_2575 sky 214.jpg
岩の急斜面のトラバースとその先に長いアルミのはしご

長いロープの急な岩場を登ったあとは、狭い急峻な稜線の登りです。岩や木を掴みながら慎重に登ります。前を登るサブリーダーのSYさんが、『右手にハクサンイチゲが咲いているよ~』、『ハンショウヅルもあったよ~』と教えてくれました。こんな崖のような所によく咲いているものですね。

IMG_2576 sky 215.jpg
狭い急峻な稜線の登り

IMG_2578 sky 216.jpg IMG_2579 sky 217.jpg
ハクサンイチゲ                         ハンショウヅル

狭い稜線を登って振り返ると登ってきたピークが下に見えていました。

IMG_2581 sky 218.jpg
登って来たピークを振り返る
(中央の尖ったピークが蔵王山。ピーク直下がこのコース最難関の鎖場あたり。)

剣ノ山からも垂直に近いハシゴや鎖場を下り、やがて鋸山に到着。危険な個所の通過が終わりホッとしながら休憩。

IMG_2588 sky 219.jpg
鋸山(8:33)
(登ってきたルートを地図で振り返るCLのSNさん。皇海山の右奥に薄っすらと見える奥白根山)

山頂では、朝靄のため男体山や武尊山は薄っすらとしか見えていませんでした。

鋸山の山頂前後では、足元にミツバオウレンとイワカガミがあちこちに咲いており、二つの花の綺麗なコラボも見られました。

IMG_2596 sky 220.jpg IMG_2628 sky 221.jpg
ミツバオウレン                        イワカガミ

鋸山からはすぐに急な土と小石の崩壊地の下りとなり、薄オレンジ色の新しい長いロープが連続して取り付けられた斜面を下ります。足元には数cmから10cm位の径の石が転がっているので落石を起こさないように下の人との間隔を空けて注意して下ります。

4人の最後に下った私が少し足を滑らせて、10cmくらいの石を落してしまい、『ラーック! ラーック!』と叫びましたが、前の3人は落石に備えて石が落ちてくるルートにはいなかったので何事もなし。ホ~ッ。

IMG_2600 sky 222.jpg
長いロープの急な下りの始まり

IMG_2631 sky 223.jpg
同上 下部 (帰りに撮影)

鋸山を下った後小さなピークを2つ越えて、不動沢コースとの合流点である不動沢のコルに到着。

IMG_2611 sky 224.jpg
不動沢のコルから鋸山方向を見る
(鋸11峰が鋸の歯の様に見えます。)

不動沢のコルから皇海山へ、樹林帯の道を淡々と登って山頂へ。

IMG_2622 sky 225.jpg
山頂下の青銅の剣

IMG_2620 sky 226.jpg
皇海山山頂(10:40)

山頂から銀山平までコースタイムで約7時間の下りがあるので、樹林の間からの展望を見る余裕もなく、昼食後気合を入れて下りの開始です。

不動沢のコルを過ぎ鋸山へ登り返しです。
鋸山のすぐ手前の緩やかなピークからは、声をかけながらロープの急斜面を降りてくるグループが良く見えていました。

IMG_2627 sky 227.jpg
鋸山の急な斜面を下るグループ

この急斜面を注意しながら登り返して鋸山へ。

IMG_2632 sky 228.jpg
鋸山から皇海山の右に奥白根山

鋸山からは六林班峠方向に下ります。最初に低い笹原の中の急な道を滑らないように注意しながら下ってだんだんと笹の深くなる道となり、腰から頭くらいの笹藪の中の道を進みます。笹が深くて前を歩くメンバーと少し離れると進む方向が分からなくなることも多く、笹の道に倒木も多くて倒木を何回も乗り越えて進むことになります。
深い笹薮の中の道が分かりにくいので、木に打ち付けられたマークや木の枝や笹に付けられたピンクテープを確認しながらの前進です。

IMG_2638 sky 229.jpg
急な笹原の道を下って六林班峠方向を見る
(左に袈裟丸山とその右奥に赤城山)

IMG_2644 sky 230.jpg
笹藪の中の倒木

IMG_2645 sky 231.jpg
藪こぎ状態の登山

2つの緩やかなピークを越えてやや平坦になった道の横に女山の三角点を見たあと六林班峠に到着。

IMG_2651 sky 232.jpg
六林班峠(13:53)

六林班峠からの下り始めから500mくらいの距離までは、悪名高い笹の激藪の下りです。

IMG_2653 sky 233.jpg
庚申山荘方向への下りの激藪

藪の道に入ってすぐに、私は前を歩くメンバーが見えなくなって、登山道を外れて激藪と格闘する事2回。激藪が終わった頃にはすっかりバテてしまって、その先からは足が大きく前に出なくなりゆっくりのペースになり、前のメンバーから遅れることが多くなりました。

六林班峠からの下りの道は、鋸11峰の山麓をほぼ水平ぎみにトラバースする道ですが、途中十数回沢を横断する道です。

この水平ぎみのトラバース道、実際に歩いてみるとやっかいな道でした。
十数回横切る沢の前後は、多くが沢沿いの急斜面に付けられた細い道となっており、右下は低い笹の急斜面で、もし足を滑らせて落ちると笹の滑り台で一気に10~30m以上下の沢へ滑落となるので気が抜けません。
また多くある沢の直前直後は登山道が崩壊した所が多く、ロープが付けられていないところもあり、注意して歩く必要があります。

IMG_2662 sky 235.jpg
急な斜面の細いトラバース道

IMG_2658 sky 234.jpg
沢の前後の崩壊地の例

この道では私が遅れて、他の3名が沢で待ってくれていることが多く、沢で休憩すること4回くらい。
沢を10回くらい横断した後、『天下の見晴分岐はまだか~』と何回も呟きながら歩き、六林班峠から3時間5分かかってやっと天下の見晴に到着。あとはゆっくりと庚申山荘へ。

(六林班峠から天下の見晴分岐までのコースタイムは、ガイドブックでは1:50となっていますが、ネットで見ると2:30から2:40くらいのコースタイムが妥当との情報が多いようです。)

IMG_2665 sky 236.jpg
天下の見晴分岐

IMG_2667 sky 237.jpg
庚申山荘

庚申山荘着は17時15分。暗くなるまでに林道に下りていけるぎりぎりの時間でした。
庚申山荘で長めの休憩をとったおかげで少し元気になり、山荘に置いていた荷物をザックに詰めて下り、一の鳥居着が18時40分。
林道歩きの途中でヘッドランプを点灯し、銀山平着は19時50分で真っ暗な中の到着でした。

難路のロングコースでしたが、へとへとになって長時間かかってやっと歩くことができました。山歩きを始めて18年、今回が最長時間の山歩きとなりました。

このコースを歩いた感想。
危険個所が多くロングコースとなるので誰でもが歩けるコースではありませんが、この時期コウシンソウや多くの花が見られ、展望も楽しめて、不動沢コースとは格段に違う山歩きの魅力と達成感が実感できるコースであるように思いました。

前の5件 | - 山歩き ブログトップ