So-net無料ブログ作成
検索選択

猫魔ヶ岳から雄国沼・・・レンゲツツジとニッコウキスゲの鮮やかなコラボ、ニッコウキスゲは3、4分咲き [山歩き]

2017年6月29日(水):晴れ

猫魔ヶ岳(ねこまがたけ;1402m):福島県磐梯町・北塩原村
雄国沼 (おぐにぬま;1090m):福島県北塩原村

IMG_9890 nekooguni 01.jpg
猫魔ヶ岳(一等三角点標識付近)より飯豊連峰

所属する山の会の山行で猫魔ヶ岳から雄国沼を歩いてきました。
雄国沼湿原のニッコウキスゲはまだ3.4分咲きでしたが、レンゲツツジやワタスゲとのコラボも見られ、美しいブナ林や落葉樹林を歩き、展望も楽しめた山歩きでした。

湿原全体が黄色に染まる時期にまた訪れてみたいものです。

歩いたコースと時間
八方台登山口(8:30)→猫魔ヶ岳 (9:40-10:00)→猫石(10:25-30)→厩岳山分岐→金沢峠(11:55-12:30)→雄国沼湿原(12:40-13:00)→雄国沼休憩舎(13:20-30)→雄子沢登山口(14:40)

IMG_2668 nekooguni 02.jpg
八方台登山口(猫魔ヶ岳登山口は写真の中央奥)

綺麗なブナ林の中の緩やかな道を登り、一度小さなピークを越え、猪苗代湖と磐梯山方向の展望が良い鞍部から猫魔ヶ岳山頂へ。

IMG_2672 nekooguni 03.jpg
綺麗なブナ林の中の緩やかな登り

以下は途中でよく見かけた花4種。

IMG_2676 nekooguni 04.jpg IMG_2684 nekooguni 05.jpg
ギンリョウソウ                           ユキザサ

IMG_2690 nekooguni 07.jpg IMG_2687 nekooguni 06.jpg
マイヅルソウ                          ハクサンシャクナゲ

山名板のある岩稜の猫魔ヶ岳山頂では地元のTV局のクルーの方々が「福島の絶景」の取材をしており、我々の会のメンバーも数人インタビューを受けました。

IMG_2698 nekooguni 08.jpg
猫魔ヶ岳から磐梯山

IMG_9868 nekooguni 09.jpg
猫魔ヶ岳山頂と飯豊連峰(中央から左奥)

IMG_9867 nekooguni 10.jpg
飯豊連峰のアップ(左から大日岳、御西岳、飯豊山)

IMG_9870 nekooguni 11.jpg
桧原湖(右奥は西吾妻山)

岩稜の山頂のすぐ奥に一等三角点の標識があり、ここからは眼下に雄国沼、その向こうに飯豊連峰が綺麗に見えていました。

一等三角点の標識付近から飯豊連峰のアップ  → 1枚目の写真

山頂から緑の林の中の緩やかな道をゆっくり下って猫石へ。

IMG_9911 nekooguni 12.jpg
猫石

猫石からも北西方向の眼下に雄国沼、その向こうに綺麗な飯豊連峰。

IMG_9892 nekooguni 13.jpg
猫石から 雄国沼と飯豊連峰(飯豊連峰には少し雲が懸ってきていました。)

IMG_9905 nekooguni 14.jpg
同上 金沢峠と雄国沼湿原のアップ
(雄国沼湿原は黄色に染まっていないようです。湿原の斜め右下の対岸はレンゲツツジで朱色に染まって見えていました。)

IMG_9907 nekooguni 15.jpg
同上 猪苗代湖
(猫魔ヶ岳山頂では綺麗に見えなかった南の猪苗代湖は少しはっきりと見えていました。)

猫石から右回りで金沢峠に下ります。下りの道沿いではズダヤクシュが多い中に、小さな花を付けたラン科の植物を発見。帰って調べてみるとコケイラン(小蕙蘭、別名「ササエビネ」)でした。

IMG_9913 nekooguni 16.jpg
コケイラン

厩岳山の分岐(分岐標識なし。)を通り過ぎて、しばらく進むと林道となり、林道の右、左、両側にタニウツギが綺麗に咲いており、林道沿いにずっと続いています。タニウツギを見ながら林道を進んで、やがて林道は、展望が開けて舗装道路になり、金沢峠に到着。

IMG_9932 nekooguni 17.jpg
タニウツギが両側にずっと続いて咲く林道

IMG_9931 nekooguni 18.jpg
タニウツギのアップ

金沢峠手前(南)からは磐梯山、猫魔ヶ岳、猫石と雄国沼湿原の木道が綺麗に見えています。

IMG_9947 nekooguni 19.jpg
金沢峠手前より磐梯山、猫魔ヶ岳、猫石と雄国沼湿原の木道
(磐梯山の右下が猫魔ヶ岳、その右下が猫石のピーク)

金沢峠で昼食のあと、湿原に下ります。

喜多方方向から金沢峠に登って来たバス(会津バスのシャトルバス)から降りたガイドさんらしき方が、『レンゲツツジが終わるとニッコウキスゲが満開になります。満開の時期はレンゲツツジは見られませんが、今日は両方見られますよ。』と説明されていました。なるほど・・・。

IMG_9956 nekooguni 20.jpg
湿原木道入口付近

IMG_9952 nekooguni 21.jpg
レンゲツツジとニッコウキスゲ

IMG_9958 nekooguni 22.jpg
木道を進む

IMG_9961 nekooguni 23.jpg
ニッコウキスゲが多く咲いている湿原の西の端(1枚前の写真の右手前奥あたり)

IMG_9963 nekooguni 25.jpg
木道近くのニッコウキスゲのややアップ

IMG_9966 nekooguni 24.jpg
ワタスゲとレンゲツツジ

IMG_9968 nekooguni 26.jpg
我が会の女性軍

IMG_9976 nekooguni 27.jpg
ニッコウキスゲが一番よく咲いている所を背景にお二人のハイカー


木道出口近くで咲き始めのヒオウギアヤメ発見。

IMG_9986 nekooguni 28.jpg IMG_9994 nekooguni 29.jpg
ニッコウキスゲ                           ヒオウギアヤメ

一方通行で、前後に東京の中学生の団体さんも続いていて、ややあわただしく木道を周回。
雄国沼休憩舎で休憩の後、雄子沢沿いの、緑豊かなブナ林や落葉樹林の中を通る緩やかな「雄国沼せせらぎ探勝路」を下って雄子沢登山口に下山。

IMG_9998 nekooguni 30.jpg
雄国沼休憩舎

下山後、ラビスパ裏磐梯で入浴してから帰路へ。