So-net無料ブログ作成
検索選択

前袈裟丸山からの展望図と展望 [山岳展望]

2016年5月8日(日) 快晴

久しぶりに満開のアカヤシオを楽しんだ袈裟丸山。今回は前袈裟丸山からのカシミール3Dによる展望図と撮影した写真の紹介です。

まずは、カシミール3Dによる展望図です。

kesam4 T1.png
(北西方向)苗場山、谷川岳、武尊山

kesam5 T2.png
(北西~北方向)至仏山、平ヶ岳、後・奥袈裟丸山

kesam6 T3.png
(北方向)皇海山、日光の山、足尾の山

kesam7 T4.png
(北東方向)男体山、高原山、夕日岳

東・南東方向は省略。

kesam1 T5.png
(南方向)丹沢山、富士山

kesam2 T6.png
(南西方向)南アルプス、八ヶ岳、赤城山

kesam3 T7.png
(西方向)浅間山、北アルプス、本白根山


前袈裟丸山山頂から見えた山々。

IMG_8164 kesam 08.jpg
平ヶ岳(右)、至仏山(中央)、笠ヶ岳(左)
(左端奥に真っ白な小沢岳)

IMG_8168 kesam 09.jpg
平ヶ岳と至仏山のアップ
(至仏山右下奥に白く越後駒ヶ岳)

IMG_8169 kesam 10.jpg
至仏山のアップ

IMG_8171 kesam 11.jpg
武尊山(右)、谷川連峰(中央から左)

IMG_8176 kesam 12.jpg
武尊山アップ、左は剣ヶ峰山(左端近くに川場スキー場の最上部)

IMG_8184 kesam 13.jpg
谷川岳のアップ

IMG_8185 kesam 14.jpg
万太郎山(右)、仙ノ倉山(中央)、苗場山(左)のアップ

IMG_8195 kesam 15.jpg
皇海山(左)から男体山(右)

IMG_8192 kesam 16.jpg
皇海山、鋸岳、奥白根山

IMG_8196 kesam 17.jpg
男体山付近のアップ
(中倉山、沢入山はそれぞれ山頂付近だけが見えます。)

袈裟丸山・・・満開のアカヤシオ、山頂からの素晴らしい展望 [山歩き]

2016年5月8日(日) 快晴

袈裟丸山(けさまるやま):栃木県日光市、群馬県みどり市・沼田市
(前袈裟丸山;1878m、後袈裟丸山;1908m)

赤城良常さんのHP「気ままな男の山歩き」の記事(*)を拝見し、5月5日時点で袈裟丸山のアカヤシオも結構咲いているようなので、その後2,3日暖かい日が続いており、満開になる頃ではと、5月8日(日)に、11年ぶりとなる袈裟丸山に出かけました。

(*) http://www.geocities.jp/akagi411054/syoko7/kesamaru160505/sub3-855.htm

今年のアカヤシオはこの数年の中では花付きが良いようで、小丸山周辺の登山道付近や登山道より西側・南西側の林の中は群生のアカヤシオが見事でした。

また、快晴で前袈裟丸山からの展望も素晴らしく、残雪の至仏山から谷川連峰まで続く山並み、皇海山や日光連山も綺麗に見えて、久しぶりに袈裟丸山のアカヤシオと展望も楽しむことができました。

IMG_8116 kesam 01.jpg
小丸山手前(南)のアカヤシオ

下山後登山口の東屋で、地元のベテランの方と話をしていて、『平成17年が一番見事だった。』とのこと。
「待てよ、平成17年は2005年、前回初めて登ってピンクに染まるアカヤシオの山に驚いた年だ・・・。」
そこで当時の写真パソコンで見てみると、なるほどその年は見事な花でした。

先ほどのベテランの方の話では、毎年蕾は付くが、霜や雪や強風で花や蕾が萎れたり落ちたりして、年ごとに花付きが異なってしまうそうです。数年前には、大きな雹が大量に降って花は殆んど落ちてしまったとか。


歩いたコースと時間
折場登山口(6:50)→賽ノ河原(7:50)→小丸山(9:00-10)→前袈裟丸山(10:20-50)→後袈裟丸山(11:30-35) →前袈裟丸山 (12:15)→小丸山 (13:05-10)→賽ノ河原(14:10)→駒形登山口(14:55)
(アヤカシオの林を見ながら、写真を撮りながらのゆっくりペースで歩いています。)

折場登山口に6:15に着くと既に駐車場は車であふれており、路肩駐車の車も多い状態。
かろうじて登山口近くの路肩の空きスペースに縦列駐車。朝食と登山準備をして出発。

P1070834 kesam 02.jpg
折場登山口

新緑の中、ミツバツツジが所々に咲く道を登り、つつじ平に向かう展望の開けた斜面を登ります。賽ノ河原付近から満開のアカヤシオが多く見られるようになり、自記雨量計近辺から小丸山までは左側にアカヤシオの群生が多く見られるようになりました。
特に小丸山までの登山道の左側の低い笹が茂る林の中は、アカアヤシオのピンクが目立ちます。

P1070840 kesam 03.jpg
展望の開けた斜面の登り

P1070855 kesam 04.jpg
つつじ平付近のアカヤシオ

P1070857 kesam 05.jpg
賽ノ河原

IMG_8107 kesam 06.jpg
自記雨量計の周囲のアカヤシオ

IMG_8110 kesam 7.jpg
同上

ここで11年前の写真があったので比較してみると、やはり花が多いですね。

P5140104 kesam 09.jpg
自記雨量計の周囲のアカヤシオ(2005/5/15 撮影)

P5140105 kesam 10.jpg
同上(2005/5/15 撮影)

P5140103 kesam 08.jpg
自記雨量計手前のアカヤシオ(2005/5/15 撮影)

さて今回に戻り、小丸山、避難小屋から山頂手前のロープの付いた急坂を登って前袈裟丸山へ。
小丸山まではアカヤシオを楽しむ大勢の登山者で賑わっています。

IMG_8119 kesam 11.jpg
小丸山手前(南)、登山道西側のアカヤシオの林

IMG_8127 kesam 12.jpg
同上

IMG_8142 kesam 13.jpg
避難小屋

IMG_8145 kesam 14.jpg
山頂手前のロープの付いた急坂

急坂を、息を切らして登るとなだらかな山頂すぐ手前の肩となり、南西側の開けた場所では、単独の中年の女性が双眼鏡で風景を見ていたので、何か見えますかと聞くと富士山が見えますとのこと。
よく見ると富士山が薄らと雲の中に頭を出して見えていました。
この女性は、最近毎年来ているが、今年は小丸山あたりのアカヤシオが沢山咲いて綺麗だとおっしゃっていました。

IMG_8148 kesam 15.jpg
薄らと雲の中に富士山

IMG_8150 kesam 16.jpg
同上アップ

IMG_8240 kesam 17.jpg
一等三角点のある前袈裟丸山山頂

山頂からは、木々の間から北西側に残雪の至仏山、武尊山、谷川連峰。北西側に皇海山やら日光連山が綺麗に見えていました。
山頂で休憩・昼食を取ったあと後袈裟丸山に向かいました。山頂から30mくらい先に進むと平らな石が転がる好展望の場所があり、3名の方が展望を楽しみながら休憩を取られていました。
晴れた日には、山頂から僅かに北のこの場所から展望を楽しむと良いでしょう。
ここで周囲の山々の写真を撮影して、後袈裟丸山へ。

IMG_8187 kesam 18.jpg
好展望の場所から、至仏山(右)・武尊山(中央やや左)・谷川連峰(左端奥)

IMG_8195 kesam 19.jpg
同所より、男体山(右)・奥白根山(左奥)・皇海山(左端)

後袈裟丸山まで足を延ばす登山者は少なくなるので、登山道は藪状態。笹、シャクナゲ、コメツガの小木を分けながら進むことになります。途中難所の八反張を通り、笹原の急坂を登って後袈裟丸山山頂へ。

IMG_8204 kesam 20.jpg
八反張
(写真左下がかなり切れ落ちた崖になっていますが、鎖を掴みながら注意して通過しました。(写真で日影になっている箇所))

IMG_8209 kesam 21.jpg
笹原の急登

IMG_8211 kesam 22.jpg
後袈裟丸山山頂

ここから北の奥袈裟丸山への道はさらに藪状態になるとか。
山頂は木々に囲まれて展望がほとんどないので、小休憩して下山。

IMG_8215 kesam 23.jpg
木の間から見えた至仏山(左)と平ヶ岳(右)

IMG_8223 kesam 24.jpg
八反張南から振り返る
(後袈裟丸山(左)と奥袈裟丸山、中央やや右に皇海山、右奥に奥白根山)

IMG_8228 kesam 25.jpg
前袈裟丸山山頂僅か北の好展望箇所

下りも小丸山から下では、ゆっくり歩きながらアカヤシオを楽しむことができました。

11年ぶりで袈裟丸山のアカヤシオを楽しむことができ、前回は見えなかった遠望も楽しむことができました。
しかしながら、前回では全く気にならなかった、前・後袈裟丸山手前の急登部は、今回は息を切らしながら、休憩を取りながらの登りとなり、加齢や持病があることを実感することとなりました。
まあ、無理をせず、マイペースの山歩きをを楽しみたいですね。

次回には、前袈裟丸山からの展望とカシミール3Dの展望図を纏めてみます。


凍れる奥白根山・・・ゴールデンウィークの雪山登山 [山歩き]

2016年4月30日(土):曇り時々晴れ
奥白根山(2578m):栃木県日光市・群馬県利根郡片品村

連休中もいろんな用事で山歩きもできず。30日は都合が良くなったので、近場の奥白根山に登ることにしました。

この時期の奥白根山登山は4回目、1回目は、強風と寒さで視界も悪く、弥陀ヶ池上で退却。2,3回目は天気の良い温かい日で登頂し、山頂からの素晴らしい景色を楽しみました。

今回は、前日夜から明け方までに降った雪が多く、はっきりしたトレースはあったものの、歩きにくい雪道の上、山頂下からは、氷の世界になっており、強風が吹いて寒く、時々視界もなくなる状態でした。
このようなコンディションにも関わらず、連休で登山者も多く、皆さん厳冬期のような厳しさの奥白根山登山を楽しんでおられたようです。

DSC02124 okusi 01.jpg
雪と氷の中、急斜面のルンゼに向かう先行者グループ

DSC02144 okusi 02.jpg
氷結した山頂標識

歩いたコースと時間
菅沼登山口(9:00)→(夏道)→弥陀ヶ池(11:05-15)→奥白根山(12:50-13:10)→避難小屋(14:15-30)→五色沼(14:35)→弥陀ヶ池(15:25-30)→(冬道)→菅沼登山口(16:25)

前日の天気予報では当日は晴れ時々曇り。GPV気象予報では、夜半に奥白根山付近は降水量の多い範囲になっていました。

いろは坂下で、「金精道路は積雪のため、夏タイヤでは通行できません。」との表示あり。
湯ノ湖を少し登ったあたりから道路の所々に雪が残っており、金精トンネル入口駐車場付近では、道路にシャーベット状の雪が多く残っていました。

DSC02077 okusi 03.jpg
金精トンネル入口駐車場付近

金精トンネルを抜け、ゆっくり下って、8:40頃菅沼登山口に到着すると、駐車場は10cmくらいの積雪。駐車場には7、8台くらいの車が止まっていました。

DSC02080 okusi 04.jpg
菅沼登山口駐車場

登山準備をして、9:00出発。冬道に入る沢に行くと、新しい下りの靴跡があったので、何らかの理由で引き返した(先はあまり踏まれていない?)と判断して、この時期に夏道はまだ通ったことがないので、行ってみようとの気持ちもあり、トレースのはっきりした夏道を行くことにしました。

DSC02083 okusi 05.jpg
登山口奥の案内板

DSC02085 okusi 06.jpg
登り始めの平坦部

登るに従って登山道の雪はだんだん深くなって15~20cmくらい、吹き溜まりは30~40cmくらいになっていました。深いところではトレースはあるもののやはり歩きにくく、ゆっくり登って弥陀ヶ池に到着。

DSC02092 okusi 07.jpg
雪が深くなった登山道

DSC02097 okusi 08.jpg
吹き溜まりのトラバース道(標高2200m付近)

DSC02102 okusi 09.jpg
弥陀ヶ池

雪で覆われた弥陀ヶ池に出ると、正面上部に雲が流れる奥白根山の姿。風が強く寒くなったので、池の畔でアイゼンと冬用アウター・帽子手袋を付けて、さらに上に向かいました。
座禅山との鞍部に登る道も吹き溜まりで雪が深く歩きにくい道でした。

DSC02107 okusi 10.jpg
座禅山との鞍部へ

鞍部から急登して緩やかな斜面に出ると一段と風が強く寒くなり、周囲は霧氷の木々と雪と氷の世界。上部を見ると、急なルンゼに向かう7,8名のグループとその下に2名の先行者が見えました。

DSC02115 okusi 11.jpg
霧氷の木々

DSC02123 okusi 12.jpg
霧氷の木々と上部のルンゼに向かう先行者
(標高2400m付近)

上部のアップ → 一枚目の写真

雪と氷の道をルンゼ下まで登り、振り返ると眼下に弥陀ヶ池と丸沼、菅沼が見えて、その左奥に山頂が雲に隠れる燧ヶ岳が見えていました。
途中、すぐ上を歩いていた2名の方は、風が強く登りを諦めて下っていきました。

DSC02135 okusi 14.jpg
眼下に弥陀ヶ池と丸沼、菅沼

DSC02134 okusi 13.jpg
燧ヶ岳方向

ここからストックをピッケルに替えて登って行きます。

急斜面のルンゼは、適度に硬い雪でアイゼンもよくきいて、ピッケルも10~15cm刺さる状態で、先行グループの切ったステップもあり、登りやすかったものです。

DSC02137 okusi 15.jpg
急斜面のルンゼ

ルンゼの中程から右の岩場を登り上部に出ると視界も悪くなり、山頂方向の標識付近から山頂まではホワイトアウトに近い状態。

DSC02141 okusi 16.jpg
岩場の上から振り返る

DSC02143 okusi 17.jpg
凍りつく山頂方向標識

山頂方向標識から雪と氷の交る岩場を登り下りして山頂へ。山頂では視界がなく、風が強く寒いです。
山頂の山名板に取り付けられた温度計も氷で固まって温度も全く読めません。気温はおそらくマイナス3~5℃くらいかと思いました。

山頂の山名板 → 2枚目の写真

山頂の岩陰で昼食を取り、少しガスが晴れてきたので写真を撮ろうとしてカメラ(コンデジ)を構えると、カメラが冬用手袋から滑り落ち、足元の大きな岩の上を2回バウンド。すぐに拾いましたがボディーの前後の蓋が少し開いて全く作動しない状態に。
仕方がないのでここからはスマホで撮影。(手袋を取らないとシャッターが押せないので寒い中不便です。)

山頂から雪と氷の歩きにくい岩場を避難小屋方向に下りました。

DSC_0219 okusi18.jpg
奥白根神社付近

DSC_0220 okusi 19.jpg
雪で埋まる火口池

DSC_0223 okusi 20.jpg
眼下に五色沼と五色山

避難小屋方向に向かうトラバース道も吹き溜まりで雪が深くて、2人くらいのトレースはあったものの靴が埋まって歩きにくい道となっていました。
このあたりからガスも晴れ、風もなくなって少し暖かくなってきました。
トラバース道から岩と雪の急斜面を下ってダケカンバ帯に入ると、ここも吹き溜まりで歩きにくいトレースでした。
(どのルートも今日一番の登山者はラッセルで大変だったでしょうね。)

DSC_0225 okusi 21.jpg
避難小屋方向へのトラバース道

DSC_0232 okusi 22.jpg
もうすぐ避難小屋

避難小屋前で、ピッケルをストックに替え、この先滑落の危険がある所は少ないので、アイゼンも外しました。
その後、五色沼から弥陀ヶ池へと進み、弥陀ヶ池から冬道を行きました。

DSC_0234 okusi 23.jpg
五色沼南

DSC_0236 okusi 24.jpg
五色沼北

DSC_0238 okusi 25.jpg
弥陀ヶ池から奥白根山

冬道は多くの人の踏み跡があり、踏み荒らされた深い雪の急斜面では踏み抜き箇所も多く、歩きにくくなっていましたが、踏み抜きながら、スリップしながらも軽快に下り弥陀ヶ池から55分で登山口に到着。

途中の急斜面で、スリップして尻もちをつきその時に片方のストックがちょうど尻の下になり、ストックが曲がってしまいました。(本日2回目のアクシデント。残念ながらストックはなかなか真っ直ぐにならないので、再購入かな~(泣き)。)

DSC_0241 okusi 26.jpg
雪解けの登山口奥案内板付近

今シーズンは暖冬で、山の雪も例年より少なかったようですが、4月末とはいえ、厳冬期のような天候になることもあるので、注意ですね。
(4月30日や5月1日は、北アルプス等では、雪と寒さの悪天候の中で遭難が数件発生していますね。)


前回(2012/4/28)の記事はこちらです。
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2012-04-30


鳴神山・・・山頂付近は満開のアカヤシオ、スミレにカッコソウも [山歩き]

2016年4月23日(土) 曇り時々晴れ

鳴神山(なるかみやま;980m):群馬県桐生市

なかなか記事がアップできないで、一週間以上経ってしまいました。今頃はアカヤシオはとっくに終わりで、カッコソウは満開でしょうか。

DSC02011 naruka02.jpg
咲き始めのカッコソウ

DSC01951 naruka01.jpg
山頂(桐生岳)から仁田山岳方向のアカヤシオ

4月19日時点でアカヤシオが満開とのネット情報を見た鳴神山。数年前からカッコソウが満開の時期に登ってみたいと思っており、今回は満開のアカヤシオを見て、カッコソウの下見とのつもりで出かけました。

登りの沢筋と帰りの林道の新緑が綺麗でした。アカヤシオは満開でしたが、やはりピークから2,3日過ぎていたようで、ややしおれた花や、地面に落ちたものも見られました。
でも、今年は当たり年のようで、山頂付近はピンクのアカヤシオがいっぱい。多くの登山者が花を楽しんでいました。
カッコソウは全く期待していなかったのですが、椚田峠(裏の肩)の東に少し下った保護地では、咲き始めており、綺麗に咲いた花も見られました。

登り下りでは、スミレの他いろんな花も見られ、さすがに人気の花の百名山でしたね。


歩いたコースと時間
駒形登山口(8:40)→肩の広場・カッコソウ群生地往復(10:10-25)→鳴神山(桐生岳(10:30-45)→仁田山岳→裏の肩(椚田峠)・カッコソウ群生地往復(11:20-35)→赤柴登山口(12:00)→駒形登山口(12:35)

(駒形登山口から山頂までの標高差約550m。昭文社「山と高原地図 赤城・皇海・筑波」でのコースタイムは3:00です。(カッコソウ保護地の往復を含まず。))


駒形登山口では、既に多くの車が路肩駐車をしており、私も下の方の路肩スペースを見つけて駐車。

DSC01872 naruka03.jpg
駒形登山口
(右のケート横から登山スタート。帰りは、林道を下って写真の左の道に帰ってきました。)

新緑の中、花を見ながら肩の広場へ。

DSC01884 naruka04.jpg
新緑の沢筋を行く

DSC01886 naruka05.jpg
ミツバツツジ

以下3枚、ヒトツバエゾスミレ?
DSC01905 naruka10 2.jpg

DSC01928 naruka12.jpg

DSC01932 naruka13.jpg


DSC01930 naruka11.jpg
稜線が近くなってレンゲショウマの保護地

DSC01939 naruka14.jpg
肩の広場から山頂下の雷神岳神社

以下、登りで撮影したスミレ以外の花。

DSC01875 naruka06.jpg DSC01909 naruka07.jpg
ウラシマソウ                            ヒトリシズカ

DSC01916 naruka08.jpg DSC01921 naruka09.jpg
ヒゲネワチガイソウ                        トウゴクサバノオ  

肩の広場から2,3分東に下ったカッコソウ群生地(保護地)に行きましたが、こちらは、地上に出た葉も少なく、花も全く咲いていない状態でした。
肩の広場から僅かに登って山頂へ。山頂付近からアカヤシオが多くなり2、3日ピークを過ぎているようですが、満開の花が見られました。
山頂は20数人くらいの人が休憩・昼食を取っており、大賑わいです。
地元のグループの方は、「今年はアカヤシオの当たり年だね~。袈裟丸山も期待できそうだね。」と話しておられました。

DSC01944 naruka15.jpg
山頂(桐生岳)

特に仁田山岳の山頂付近とその下にアカヤシオが多く。この山頂周辺で花を楽しんでおられる方々が多かったですね。

山頂から仁田山岳方向を見る。 → 二枚目の写真

DSC01957 naruka17.jpg
仁田山岳

DSC01966 naruka18.jpg
仁田山岳下のアカヤシオ

DSC01974 naruka19.jpg
同上

DSC01977 naruka19.jpg
仁田山岳下登山道横のアカヤシオ

DSC01979 naruka21.jpg
同上

アカヤシオを楽しんだあと、裏の肩(椚(くぬぎ)田峠)から東に僅かに下ったカッコソウの保護地に行ってみました。
こちらの方は、広い保護地でカッコソウの大群生地となっており、1、2分咲きですが、綺麗に咲いた花も見られました。開花は全く期待していなかったので、綺麗に咲いている花を見ることができてラッキー~。

DSC01992 naruka22.jpg
椚田峠

DSC02008 naruka23.jpg
咲き始めのカッコソウの群生

綺麗に咲いていたカッコソウ → 一枚目の写真

椚田峠に戻って赤柴登山口方向に下り、駒形登山口へ。

DSC02044 naruka24.jpg
新緑に囲まれた林道を下る

DSC02057 naryuka25.jpg
林道横のヤマブキの花
(下りの林道ではヤマブキの花が多く咲いていました。)

以下、下りで撮影した花。

DSC02023 naruka26.jpg DSC02041 naruka28.jpg
ヒイラギソウ                             ニリンソウ

DSC02038 naruka27.jpg DSC02047 naruka29.jpg
ミヤマハコベ                             キケマン