So-net無料ブログ作成
検索選択

奥白根山・前白根山・・・再びコマクサの群生地を訪ねて [山歩き]

2016年7月24日(日):曇り時々晴れ
奥白根山(日光白根山)(2578m)・前白根山(2373m)

IMG_8467 okusirane1601 (2).jpg
奥白根ガレ場のコマクサ

IMG_8494 okusirane1602.jpg
白根山砂礫地のコマクサとタカネニガナ

IMG_8539 okusirane1603.jpg
前白根山のコマクサ群生

一昨年(2014年)の7月26日に、奥白根山に生育するコマクサの群生を見てきました。
前回のレポ: http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2014-07-29

奥日光では、もともとコマクサは生育しておらず、40~50年前に播種および移植されたコマクサが現在の群生になっているものです。(奥日光では外来種とされています。)

今回は、所属する山の会の2名のメンバー(お二人とも長年勤めた会社の先輩です。)を案内してのコマクサ観察登山でした。

菅沼登山口(7:25)→弥陀ヶ池(9:20-30)→白根山(10:40)→山頂南で昼食(10:50-11:20)→コマクサ群生地A→避難小屋分岐(12:10-15)→コマクサ群生地B→避難小屋分岐→避難小屋(13:00-07)→前白根山(13:50)→コマクサ群生地C→前白根山(14:10-15)→五色沼(14:40)→弥陀ヶ池(15:10-18)→菅沼登山口(16:35)

コマクサ群生地
A:環境庁資料中の生育地 ②奥白根ガレ場
B: 同  ③白根山砂礫地
C: 同  ④前白根山

コマクサ調査結果(環境庁の資料より)
コマクサ調査結果.png

7時過ぎに菅沼登山口に到着。なかなか梅雨が明けず雨の日が続いた後の晴れの日で、登山者がいっぱいで駐車場は空きスペースがないのではという心配をしていたのですが、駐車場が整備されて広くなり85%くらいの駐車率。

P1070859 okusirane1604.jpg
菅沼登山口駐車場

時々山歩きはしているもののあまりハードな山歩きはしておらず、運動不足や持病もあって、弥陀ヶ池への登りは苦しく立ち止まることしばしば。私が足を引っ張ることになっていました。

弥陀ヶ池から上では、振り返って展望を見ながらゆっくりと登ります。一昨年登山道の周囲に咲いていた群生のハクサンシャクナゲはすでに終わっており、僅かに木陰になったところに花が残っているものがあった程度。

P1070873 okusirane1605.jpg
弥陀ヶ池上から上部岩場方向を見る

振り返ると燧ケ岳も見えていましたが、少し上に行くと雲で隠れて見えず。登山道は上にも下にも登山者が続いています。

P1070878 okusirane1606.jpg
岩場の途中で降り返る

岩場を乗り越えて山頂が見えてくると、山頂は登山者でいっぱい。

P1070889 okusirane1607.jpg
登山者でいっぱいの山頂

山頂に着くと、以前あった栃木県側の標識が手前に建てられていました。右にある群馬県側の標識の前では人がいっぱいで身動きが取れない状態でした。

P1070891 okusirane1608.jpg
山頂

山頂付近は人であふれているので、避難小屋方向に少し下った五色沼が眼下に見える展望の良い所で昼食。

P1070897 okusirane1609.jpg
眼下に五色沼

昼食後避難小屋方向に下るとすぐにザレ場となり、登山道横に良く見るとピンクのコマクサがチラホラ。群生地は登山道の近くにあります。

IMG_8472 okusirane1610.jpg
コマクサの群生地

IMG_8470 okusirane1611.jpg
群生するコマクサのアップ

コマクサのアップ  → 1枚目の写真

最初の群生地を見たあと避難小屋方向に下ります。トラバース道の斜面には、マルバダケブキの大群生が広がっており一面に咲いていました。

IMG_8479 okusirane1612.jpg
トラバース道のマルバダケブキの群生と左に五色沼

歩きにくい急なガレ場を下って避難小屋分岐から、避難小屋とは反対方向に進み、コマクサの咲く砂礫地(窪地)に向かいます。

IMG_8510 okusirane1613.jpg
窪地の縁から砂礫地を見る

IMG_8509 okusirane1614.jpg
砂礫地のコマクサの群生
(小さな株がほとんどですが砂礫地の奥まで広がっています。)

コマクサとタカネニガナ → 2枚目の写真

IMG_8508 okusirane1615.jpg
コマクサのアップ

砂礫地のコマクサを見たあと、来た道を戻って避難小屋前で休憩。避難小屋付近では、アキノキリンソウやハクサンフウロが多く咲いていて綺麗でした。

IMG_8516 okusirane1616.jpg
避難小屋

避難小屋から前白根山へ、途中ガスが出たり晴れたり。ガスが晴れた時には奥白根山や近くの山が綺麗に見えていました。

IMG_8517 okusirane1617.jpg
前白根山手前の稜線

前白根山直下のザレ場では、赤のコマクサ、ヒメシャジン、タカネニガナが綺麗に咲いていました。

IMG_8524 okusirane1618.jpg
登山道横のコマクサ

IMG_8526 okusirane1619.jpg
ヒメシャジン

IMG_8527 okusirane1620.jpg
タカネニガナ

山頂に到着後に荷物を置いて群生地へ、少しザレ場を下って群生地に到着。
ここは、真赤なコマクサが一面に広がって素晴らしい光景となっています。
一昨年よりも密度が濃くなっているような印象を受けました。(奥白根山はガスで見えず。)

IMG_8530 okusirane1621.jpg
コマクサの群生地   

群生のアップ → 3枚目の写真

IMG_8542 okusirane1622.jpg
コマクサのアップ(左のコマクサは真紅ですね。)

IMG_8550 okusirane1623.jpg
コマクサのアップ

素晴らしい群生を見た後山頂で休憩後、下山です。

IMG_8554 okusirane1624.jpg
前白根山にて(3か所の群生地のコマクサを堪能して満足の3人)
(山頂標識が新しくなっていました。)

P1070904 okusirane1625.jpg
五色沼湖岸に出る

五色沼の湖岸もハクサンフウロ、アキノキリンソウ等の花が多く綺麗でした。

弥陀が池からゆっくり下って菅沼駐車場へ。駐車場着は16時半過ぎで車も数台になっていました。

2年ぶりに3か所のコマクサの群生地を訪れることができました。コマクサはピークを4~5日過ぎているようでしたが満開のコマクサを見ることができ、充実した山歩きができました。同行して頂いた先輩方にも感謝です。

途中で撮影した花

IMG_8476 okusirane1626.jpg IMG_8482 okusirane1627.jpg
ウスユキソウ                            クルマユリ

IMG_8485 okusirane1628.jpg IMG_8513 okusirane1629.jpg
アキノキリンソウ                          ハクサンフウロ

IMG_8518 okusirane1630.jpg P1070910 okusirane1631.jpg
シナノオトギリ                           トモエシオガマ

nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 14

mimimomo

こんにちは^^
こんなにお花があると楽しい登山ですね~♪
日光白根はわたくしも菅沼登山口からでした。
9月の30日だったか、、、お花はほとんどありませんでした。
by mimimomo (2016-07-30 17:48) 

ヴェール

mimimomoさん
こんばんは。
この時期はいちばん花が多い時期ですね。菅沼登山口からの往復
ではなく、避難小屋から五色沼を巡ると花が多く見られますね。
この日は、丸沼ロープウェイから登ってくる登山者も多かったですね。
by ヴェール (2016-07-30 22:54) 

michi

日光白根山にはこんなにコマクサが群生していたんですね!私が登ったときには、こんなに中塚なあ~!
by michi (2016-07-31 09:19) 

koboo

コマクサの色が濃いですね〜 ^ ^
by koboo (2016-07-31 13:28) 

nousagi

ちょっと遅めとはいえ、
まだ随分コマクサたくさん咲いていますね。
お仲間も喜ばれたでしょう。
砂礫に咲くということも
強い花なんですね。
by nousagi (2016-07-31 22:24) 

ヴェール

michiさん
日光白根、前白根のコマクサは、播種あるいは移植されたのが、4,50年前なのでかなり以前からあったのでしょうが、環境庁のDNA鑑定の試料採取が平成24年なので、最近になって注目され、出所が調査されたのでしょうね。
情報を知らないで登って、前白根の登山道の赤のコマクサはすぐに気付きますが、奥白根のガレ場の登山道では、コマクサが少ないので良く注意して見ていないとなかなか気付きませんね。

kobooさん
前白根の赤のコマクサは、草津白根のコマクサとDNAが一致しているとのことですが、草津白根より赤が強いものが多いように思いました。4.50年の年月を経て、環境の違いによって赤が強くなったでしょうか。

nousagiさん
北アルプスや八ヶ岳(硫黄岳)では、8月初旬くらいまで花が残っているようですので、奥白根でも7月末くらいまでは何とか見られそうに思います。
前白根の群生は、広い斜面一面に赤の絨毯を敷いたようで、驚くほどですね。
窪地では、砂礫地に明瞭な鹿の足跡が見られました。コマクサも鹿の食害があるようですので、外来種とされているものの群生がなくならなければいいなと思います。

by ヴェール (2016-08-01 00:13) 

いろは

こんにちは^^
色の濃いコマクサもあるのですね〜
とても綺麗ですね♪ あ!それから素敵なヒメシャジンをありがとうございます♪ なかなか見られないもので...(^^;
by いろは (2016-08-01 16:13) 

ヴェール

いろはさん
こんばんは。
前白根のコマクサは草津白根のそれより赤色が濃いですね。
ヒメシャジンは奥白根の所々で少しづつ見られましたが、花が1,2輪の
ものが多く、花が沢山着いた株はあの場所で見たものだけでした。
7/28 に南蔵王の屏風岳から不忘山を歩きましたが、驚くほど沢山の
ヒメシャジンが咲き乱れていました。
次回にレポする予定です。
by ヴェール (2016-08-01 22:34) 

Jetstream

コマクサ、鮮やかでいいタイミングで見られましたね。!(^^)!
しかも大群生! うらやましいです。
by Jetstream (2016-08-01 22:51) 

ヴェール

Jetstream さん
コマクサは萎れたものもあったので、1週間前だったらジャストタイミングだったでしょうか。群生のハクサンシャクナゲも花が見られたかもしれません。
今年はもう1か所コマクサで有名な山にも登りたいのですが、天候が不順でコマクサのタイミングを外しそうです。
by ヴェール (2016-08-01 23:16) 

テリー

コマクサの群生、すばらしいですね。

by テリー (2016-08-05 23:11) 

ヴェール

テリーさん
前白根山の赤のコマクサの群生は、驚くほどの密度です。
8/4に蓮華岳のコマクサを見てきました。ピンクのコマクサの密度はあまり高くありませんが、広い山頂一帯にずっと続いて咲いており、さすがに本場との印象を受けました。
やはりピンクのコマクサが愛らしい印象ですね。
by ヴェール (2016-08-07 09:28) 

ひろたん

コマクサの群生がお見事ですね^^
綺麗です。

by ひろたん (2016-08-07 12:26) 

ヴェール

ひろたんさん
今年はあちこちの山のコマクサを見ることができました。
蔵王や蓮華岳も見てきましたので、レポ作成の予定です。
ご覧頂ければ幸いです。
ピンクのコマクサが前白根山のような密度で咲いていれば
どんなに素晴らしいかと思いますが、数は少なくても自然のままで
可憐に咲いているのがいいのでしょうかね。
by ヴェール (2016-08-11 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0