So-net無料ブログ作成

凍れる奥白根山・・・ゴールデンウィークの雪山登山 [山歩き]

2016年4月30日(土):曇り時々晴れ
奥白根山(2578m):栃木県日光市・群馬県利根郡片品村

連休中もいろんな用事で山歩きもできず。30日は都合が良くなったので、近場の奥白根山に登ることにしました。

この時期の奥白根山登山は4回目、1回目は、強風と寒さで視界も悪く、弥陀ヶ池上で退却。2,3回目は天気の良い温かい日で登頂し、山頂からの素晴らしい景色を楽しみました。

今回は、前日夜から明け方までに降った雪が多く、はっきりしたトレースはあったものの、歩きにくい雪道の上、山頂下からは、氷の世界になっており、強風が吹いて寒く、時々視界もなくなる状態でした。
このようなコンディションにも関わらず、連休で登山者も多く、皆さん厳冬期のような厳しさの奥白根山登山を楽しんでおられたようです。

DSC02124 okusi 01.jpg
雪と氷の中、急斜面のルンゼに向かう先行者グループ

DSC02144 okusi 02.jpg
氷結した山頂標識

歩いたコースと時間
菅沼登山口(9:00)→(夏道)→弥陀ヶ池(11:05-15)→奥白根山(12:50-13:10)→避難小屋(14:15-30)→五色沼(14:35)→弥陀ヶ池(15:25-30)→(冬道)→菅沼登山口(16:25)

前日の天気予報では当日は晴れ時々曇り。GPV気象予報では、夜半に奥白根山付近は降水量の多い範囲になっていました。

いろは坂下で、「金精道路は積雪のため、夏タイヤでは通行できません。」との表示あり。
湯ノ湖を少し登ったあたりから道路の所々に雪が残っており、金精トンネル入口駐車場付近では、道路にシャーベット状の雪が多く残っていました。

DSC02077 okusi 03.jpg
金精トンネル入口駐車場付近

金精トンネルを抜け、ゆっくり下って、8:40頃菅沼登山口に到着すると、駐車場は10cmくらいの積雪。駐車場には7、8台くらいの車が止まっていました。

DSC02080 okusi 04.jpg
菅沼登山口駐車場

登山準備をして、9:00出発。冬道に入る沢に行くと、新しい下りの靴跡があったので、何らかの理由で引き返した(先はあまり踏まれていない?)と判断して、この時期に夏道はまだ通ったことがないので、行ってみようとの気持ちもあり、トレースのはっきりした夏道を行くことにしました。

DSC02083 okusi 05.jpg
登山口奥の案内板

DSC02085 okusi 06.jpg
登り始めの平坦部

登るに従って登山道の雪はだんだん深くなって15~20cmくらい、吹き溜まりは30~40cmくらいになっていました。深いところではトレースはあるもののやはり歩きにくく、ゆっくり登って弥陀ヶ池に到着。

DSC02092 okusi 07.jpg
雪が深くなった登山道

DSC02097 okusi 08.jpg
吹き溜まりのトラバース道(標高2200m付近)

DSC02102 okusi 09.jpg
弥陀ヶ池

雪で覆われた弥陀ヶ池に出ると、正面上部に雲が流れる奥白根山の姿。風が強く寒くなったので、池の畔でアイゼンと冬用アウター・帽子・手袋を付けて、さらに上に向かいました。
座禅山との鞍部に登る道も吹き溜まりで雪が深く歩きにくい道でした。

DSC02107 okusi 10.jpg
座禅山との鞍部へ

鞍部から急登して緩やかな斜面に出ると一段と風が強く寒くなり、周囲は霧氷の木々と雪と氷の世界。上部を見ると、急なルンゼに向かう7,8名のグループとその下に2名の先行者が見えました。

DSC02115 okusi 11.jpg
霧氷の木々

DSC02123 okusi 12.jpg
霧氷の木々と上部のルンゼに向かう先行者
(標高2400m付近)

上部のアップ → 一枚目の写真

雪と氷の道をルンゼ下まで登り、振り返ると眼下に弥陀ヶ池と丸沼、菅沼が見えて、その左奥に山頂が雲に隠れる燧ヶ岳が見えていました。
途中、すぐ上を歩いていた2名の方は、風が強く登りを諦めて下っていきました。

DSC02135 okusi 14.jpg
眼下に弥陀ヶ池と丸沼、菅沼

DSC02134 okusi 13.jpg
燧ヶ岳方向

ここからストックをピッケルに替えて登って行きます。

急斜面のルンゼは、適度に硬い雪でアイゼンもよくきいて、ピッケルも10~15cm刺さる状態で、先行グループの切ったステップもあり、登りやすかったものです。

DSC02137 okusi 15.jpg
急斜面のルンゼ

ルンゼの中程から右の岩場を登り上部に出ると視界も悪くなり、山頂方向の標識付近から山頂まではホワイトアウトに近い状態。

DSC02141 okusi 16.jpg
岩場の上から振り返る

DSC02143 okusi 17.jpg
凍りつく山頂方向標識

山頂方向標識から雪と氷の交る岩場を登り下りして山頂へ。山頂では視界がなく、風が強く寒いです。
山頂の山名板に取り付けられた温度計も氷で固まって温度も全く読めません。気温はおそらくマイナス3~5℃くらいかと思いました。

山頂の山名板 → 2枚目の写真

山頂の岩陰で昼食を取り、少しガスが晴れてきたので写真を撮ろうとしてカメラ(コンデジ)を構えると、カメラが冬用手袋から滑り落ち、足元の大きな岩の上を2回バウンド。すぐに拾いましたがボディーの前後の蓋が少し開いて全く作動しない状態に。
仕方がないのでここからはスマホで撮影。(手袋を取らないとシャッターが押せないので寒い中不便です。)

山頂から雪と氷の歩きにくい岩場を避難小屋方向に下りました。

DSC_0219 okusi18.jpg
奥白根神社付近

DSC_0220 okusi 19.jpg
雪で埋まる火口池

DSC_0223 okusi 20.jpg
眼下に五色沼と五色山

避難小屋方向に向かうトラバース道も吹き溜まりで雪が深くて、2人くらいのトレースはあったものの靴が埋まって歩きにくい道となっていました。
このあたりからガスも晴れ、風もなくなって少し暖かくなってきました。
トラバース道から岩と雪の急斜面を下ってダケカンバ帯に入ると、ここも吹き溜まりで歩きにくいトレースでした。
(どのルートも今日一番の登山者はラッセルで大変だったでしょうね。)

DSC_0225 okusi 21.jpg
避難小屋方向へのトラバース道

DSC_0232 okusi 22.jpg
もうすぐ避難小屋

避難小屋前で、ピッケルをストックに替え、この先滑落の危険がある所は少ないので、アイゼンも外しました。
その後、五色沼から弥陀ヶ池へと進み、弥陀ヶ池から冬道を行きました。

DSC_0234 okusi 23.jpg
五色沼南

DSC_0236 okusi 24.jpg
五色沼北

DSC_0238 okusi 25.jpg
弥陀ヶ池から奥白根山

冬道は多くの人の踏み跡があり、踏み荒らされた深い雪の急斜面では踏み抜き箇所も多く、歩きにくくなっていましたが、踏み抜きながら、スリップしながらも軽快に下り弥陀ヶ池から55分で登山口に到着。

途中の急斜面で、スリップして尻もちをつきその時に片方のストックがちょうど尻の下になり、ストックが曲がってしまいました。(本日2回目のアクシデント。残念ながらストックはなかなか真っ直ぐにならないので、再購入かな~(泣き)。)

DSC_0241 okusi 26.jpg
雪解けの登山口奥案内板付近

今シーズンは暖冬で、山の雪も例年より少なかったようですが、4月末とはいえ、厳冬期のような天候になることもあるので、注意ですね。
(4月30日や5月1日は、北アルプス等では、雪と寒さの悪天候の中で遭難が数件発生していますね。)


前回(2012/4/28)の記事はこちらです。
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2012-04-30


nice!(16)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 11

mimimomo

こんにちは^^
さすが奥白根ですね。ちょうどこの日、うちの方も好天だったので息子と登山計画・・・「高いお山はまだ雪だものねー」っと話したことでした。この菅沼からのルートを息子と登ったこと、思い出します^^ しかし、この時期はやはりしっかり積ってますね~
by mimimomo (2016-05-05 12:04) 

よしころん

うっわ~ 完全に冬山ですねぇ。 ちょっと近づけない雰囲気(><)
お疲れ様でした。

前回の狛犬マフラーかけたのも外したのも私じゃないですよ~(笑)
私達が訪れた日、もう一体の狛犬さんには黄色のマフラーが巻かれていました。
by よしころん (2016-05-05 18:40) 

tochimochi

今年も白根山は雪が少ないと思っていましたが、こんなになっていましたか。
あのルンゼを青空の下で登るのは爽快なんですけどね。
でも金精道路が夏タイヤNGでは行かなくてよかったです ^^;

by tochimochi (2016-05-05 21:11) 

nousagi

GWって油断できない天気の急変がありますね。
厳しい条件で真冬のような寒さの中
お疲れ様でした。
ストックの捻挫で良かったと思いましょう。(^^;)
by nousagi (2016-05-05 22:19) 

ヴェール

mimimomoさん
この日は各地の高山では雪のようでした。その後暖かい日が続いているので、再び例年より雪の少ない状態に戻ったでしょうね。
奥白根は最近では、丸沼ロープウェイから登る人も多いですね。

よしころんさん
>うっわ~ 完全に冬山ですねぇ。
そうですね、2400m付近から上は厳しかったですね。でもさすがに春でマイナス数℃くらいなので、本当の厳冬期のようではありませんでした。
狛犬マフラーの件、失礼致しました。何かの行事の時には、赤い首飾りを付けることがあるのですね。狛犬と狼の違いは以下のサイトに書かれていました。
http://guardianlions.blogspot.jp/2010_02_01_archive.html

tochimochiさん
前夜はてっきり雨かと思っており、大雪になっているとは全く考えていませんでした。
一応冬山の準備はして行きますので行けますが、油断していると引き返すことになりますね。
この時期あのルンゼを登るとき、私はたいていヒヤヒヤです。(笑)
避難小屋への下りは、雪は部分的に多かったものの、岩が出ている所も多く、シリセードはできませんでした。(笑)

nousagiさん
GWでも高山では大雪になることが時々あり、やはり事故が多発していますね。
近場日帰りと雖も油断できません。
>ストックの捻挫で良かったと思いましょう。(^^;)
一瞬笑いましたが、よく考えると本当ですね。あの場所での捻挫・骨折は遭難に繋がります。
反省。

by ヴェール (2016-05-05 23:34) 

テリー

真冬状態ですね。
怖いですね。
でも、こういうのも、撮影に行きたいですね。

by テリー (2016-05-06 20:13) 

ヴェール

テリーさん
4月末くらいに寒波が来て、時々高山では大雪になることがありますね。
今回は、厳しかったのは山頂付近で、中腹から下は穏やかでした。
写真撮影は3月の八方尾根に行きたいとずっと思っていますが、未だに実現していません。
by ヴェール (2016-05-07 20:49) 

Jetstream

冬場のような状態の奥白根、やっぱり厳しい山ですね。
菅沼であんなに雪があるとは(*_*) 
ストックが緩衝となったと思ってまた買ってください。 !(^^)! 
by Jetstream (2016-05-08 21:22) 

ヴェール

Jetstreamさん
今年の4/30前後は低気圧で、北アルプス他の高山は大荒れだったようですね。
菅沼駐車場で10cm位だった積雪も、上に行くに従って多くなり、吹き溜まり部は膝上くらいなので、一番手は大変だったでしょうね。
ストックはなんとか曲りを直すことができました。(ホッ。)
by ヴェール (2016-05-09 21:41) 

joyclimb

岩場の上からは厳しい状況ですね。
カメラが動作不良になったのも厳しいですね。
スマホで撮影した写真もきれいです。
by joyclimb (2016-05-18 00:37) 

ヴェール

joyclimbさん
あの時期の雪と風、寒さで登頂を諦めた他のパーティーもあったようですが、
本当の厳冬期程ではないので、中高年のいくつかのパーティーは登頂されていました。
手袋を取って寒かったのは山頂付近だけだったので、スマホでも撮れましたが、スマホでの撮影は慣れませんね。
落としたコンデジは修理費が結構かかることとなり、新規購入になりました。(泣)
by ヴェール (2016-05-20 10:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。