So-net無料ブログ作成
検索選択

高原山(鶏頂山・釈迦ヶ岳)・・・本格的な雪山になる前の下見登山 [山歩き]

2015年12月23日(水:祭日)曇り
高原山
鶏頂山(けいちょうざん;1765m):栃木県日光市
釈迦ヶ岳(しゃかがたけ;1795m):栃木県日光市・塩谷町

鶏頂山・釈迦ヶ岳に冬に登ってみたいと思い、下見を兼ねて10月に大間々台から登りました。冬季には、八方ヶ原観光道路から大間々台への道が閉鎖されるので、東側から登ると往復で約1時間半の車道歩きを強いられ、釈迦ヶ岳まででもコースタイムは5時間55分となります。
それに比べ西口登山口からだと、鶏頂山・釈迦ヶ岳を登って4時間30分のコースタイムなので、西口から登ることを考えて、今年はまだ雪が少ないので本格的な雪山になる前の下見の最後のチャンスと思って出かけてきました。
西側からは12年前に一回、鶏頂山スキー場から登っただけで、全くルートを覚えていないので、今回の下見登山としたものです。

P1070342 takaha2 01.jpg
鶏頂山から釈迦ヶ岳(左)と中岳(右)

歩いたコースと時間
西口登山口(9:25)→弁天沼(10:35-45)→鶏頂山(11:30-45)→釈迦ヶ岳(12:55-13:05)→弁天沼(14:05)→西口登山口(14:50)

鬼怒川温泉を通って、日塩もみじラインの西口登山口へ。
道路の右側にある西口登山口の鳥居を見て、鳥居のすぐ前の道路の反対側にあるやや広い駐車スペースに駐車。他に車はなし。

P1070297 takaha2 02.jpg
西口登山口の鳥居

登山口からはクマザサとカラマツ林の道が続き、緩やかな斜面を登って行きます。途中道路(元鶏頂山スキー場からの道?)を横切って、さらにクマザサ・カラマツ林の道を行き、元スキー場の最高点から大沼入口を過ぎて、ヒノキの植林帯を抜けて、弁天沼に到着。

P1070301 takaha2 03.jpg
カラマツ林と笹原の中の道
(クマザサの道は綺麗に刈り払いが行われており、歩きやすい道でした。)

P1070310 takaha2 04.jpg
笹原の中の道が続く

P1070318 takaha2 05.jpg
大沼入口

P1070320 takaha2 06.jpg
ヒノキの植林帯を行く

P1070324 takaha2 07.jpg
弁天沼

弁天沼からは鶏頂山に向かう右側の道を行きます。やや急登の道を登って、途中ダケカンバの林を横に見て少し登ると、御岳山・釈迦ヶ岳からの稜線に出て、やや急登の道を行き鶏頂山山頂へ。

P1070332 takaha2 08.jpg
ダケカンバの林

P1070335 takaha2 09.jpg
釈迦ヶ岳からの稜線に出る

P1070337 takaha2 10.jpg
鶏頂山への登り

P1070340 takaha2 11.jpg
鶏頂山神社

山頂からは東に釈迦ヶ岳がすぐ近くに見え、南西から北西にかけては、木々の間から日光連山や真っ白な会津駒ヶ岳も見えていました。

鶏頂山山頂から釈迦ヶ岳 → 一枚目の写真

休憩のあと、登って来た道を少し戻って釈迦ヶ岳に向かいます。

P1070354 takaha2 12.jpg
釈迦ヶ岳手前の御岳山

P1070355 takaha2 13.jpg
御岳山近くの霧氷の木々
(霧氷はこのあたりで見られただけでした。)

P1070356 takaha2 14.jpg
釈迦ヶ岳が見えてくる
(御岳山と釈迦ヶ岳の鞍部付近)

鞍部から、岩と木の根の多い急登の雪道が続き、今回のコースで一番苦しい登りです。

P1070360 takaha2 15.jpg
釈迦ヶ岳への急登の道

大間々台からの道と合流し、釈迦ヶ岳山頂へ。

P1070361 takaha2 16.jpg
大間々台からの道との合流点

P1070379 takaha2 17.jpg
釈迦ヶ岳山頂

P1070369 takaha2 18.jpg
釈迦如来像

山頂からは雲の上に、日光連山、会津方面の山々(会津朝日岳や丸山岳も)、
那須連峰が見えていました。

P1070363 takaha2 19.jpg
鶏頂山の左に日光連山

P1070370 takaha2 20.jpg
日光連山のアップ
(左から男体山、女峰山、太郎山、奥白根山)

P1070365 takaha2 21.jpg
鶏頂山の左に燧ヶ岳から会津駒ケ岳

P1070366 takaha2 22.jpg
燧ヶ岳のアップ

P1070367 takaha2 23.jpg
会津駒ケ岳から三岩岳のアップ

P1070368 takaha2 24.jpg
那須連峰のアップ
(左から三本槍岳、熊見曽根、朝日岳、茶臼岳、南月山)

小休憩の後下山です。

鶏頂山方向への下りの急斜面の岩混じりの雪道は、登山道のすぐ右側が切れ落ちている箇所が3,4か所あるので慎重に下ります。

P1070359 takaha2 25.jpg
急斜面の下り

おそらくこのあたりが冬季登山の一番の難所になるのでしょう。

御岳山を下ってすぐに「弁天池近道」の標識があり、こちらに進みます。やや急な斜面を少し下るとあとは歩きやすい笹原の道で、近道標識から12,3分で弁天沼に到着。

P1070352 takaha2 26.jpg
「弁天池近道」の標識

P1070384 takaha2 27.jpg
笹刈された歩きやすい道

弁天沼からは緩やかな下りの道が続くので、快調に歩いて登山口へ。

年末も近づいた曇りの日で、登山道に雪は少なかったのですが、誰にも会わない登山でした。こちらのコースの冬山は登山者も多くないようなので、1~3月上旬はトレースがないこともあるでしょうね。
(この日は登山道の雪も少なく柔らかい雪で滑らなかったのでアイゼン(12本爪)は使わず、アイゼンは単なるザックの荷重になってしまいました。)


帰りは、以前から入ってみたいと思っていた、奥塩原新湯温泉にある温泉通に人気の共同浴場「むじなの湯」に立ち寄りました。

P1070388 takaha2 28.jpg
むじなの湯

むじなの湯 紹介記事の一例
http://www.geocities.jp/oyu_web/t334.html

むじなの湯は、浴温が45度くらいで熱くて長い時間入れませんが、湯船に入ったり出たりで何度も入りゆっくり温まって、ポカポカした体で帰路につきました。

今シーズンの冬山は温泉も楽しみたいな~、と考えています。
那須茶臼岳と鹿の湯、前白根山と日光湯元温泉は行けそうですが、黒斑山と高峰温泉、安達太良山とくろがね温泉も行ってみたいですね。
登りやすい雪山とその近くのいい温泉がありましたらご紹介をお願い致します。

前回(2015/10/18)の高原山登山の記事です。
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2015-10-24

nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 10

mimimomo

こんばんは^^
そちらの方のお山は雪なんですね~やはり寒いのでしょうね。
釈迦が岳からの見晴しが良いですね。
本格的雪になると下から立ち上がっている道標が隠れて
見えなくなるなんてことはないでしょうかしらね。ちょっと気になりました^^
by mimimomo (2015-12-29 20:41) 

Jetstream

この時期、山行で冷えた体を温泉で暖めるという楽しみがありますが、ヴェールさんお出かけの日光方面は温泉も多そうなんでいいですね。
熱過ぎるお湯に入るのは工夫がいりますね。
雪の登山道はイメージを変えて、白銀の峰々がみれるのも冬の山行ならではですね。 今年もあと2日ですが、佳いお年を迎えられ山歩きを楽しまれること願っています。 本年一年ありがとうございました。
by Jetstream (2015-12-29 20:59) 

伊閣蝶

ご訪問&コメント、誠にありがとうございました。
高原山方面は、ずっと憧れていつつもまだ訪れる機会を得ておりません。
記事を拝見し、是非とも登ってみたいと、意を強く致しました。
この時期にしては雪が少ないように感じますが、那須連山も雪景色となっていますね。
しかし、これだけ立派な山で、登山者が少ないというのは奇跡的です。
by 伊閣蝶 (2015-12-30 00:38) 

よしころん

こちらは一度ツツジの頃に登山口でリタイヤして以来訪れる機会なく~
懲りずにまたツツジの頃に訪れてみたいと思っています^^
前白根・・・この冬はちょっと無理かなぁ。
ヴェールさんの記事を楽しみにしています^^

どうぞ佳いお年をお迎えくださいませヽ(^o^)丿
by よしころん (2015-12-30 20:33) 

ヴェール

mimimomoさん
高原山は、今年は例年より積雪量が少なかったのですが、12/26頃の降雪で雪が多くなったようです。
釈迦ヶ岳(高原山)は、「超展望の山々」(杉本智彦著)には、『伊豆大島まで見える展望の名山』との表題が付いています!!
本格的な雪のシーズンには、山頂のお釈迦様の像も埋まるくらいの積雪量になるようなので、当然低い道標は隠れてしまいますね。

Jetstreamさん
栃木県には雪山登山と温泉にぴったりの山と温泉が多いですよ~。是非いらしてください。
熱い温泉の入り方も「鹿の湯」に数回入って分かってきましたね。
私も山歩きを続けられるよう健康に留意したいものです。今年も有難うございました。
佳いお年をお迎えください

伊閣蝶さん
こちらこそご訪問・コメント有難うございます。
伊閣蝶さんの音楽他に対するご造詣の深さには恐れ入っております。
当日は、西口からは1,2名の2,3日前と思われる踏み跡があり、大間々台からの稜線で当日の1,2名の踏み跡があったようです。
春から秋にかけて登山者は多いようですが、冬の登山者は以前ほど多くなくなっているのではないかと思います。

よしころんさん
ツツジの季節には大人気になる山のようですが、私もその時期に行ってみたいですね。
前白根も快晴の日を狙って登り、ご紹介できればと思います。
今年も美しい山の風景等をご紹介頂き有難うございました。佳いお年をお迎えください。

by ヴェール (2015-12-30 21:25) 

のんびり夫婦の山遊び

ヴェールさん、こんばんわ!
初冬の釈迦ヶ岳、それも日塩もみじライン側から鶏頂山を
を経て歩かれ、眺望や霧氷を楽しむことができ、良かった
ですね。鶏頂山~釈迦ヶ岳間、さぞ大変だったことでしょう。
今年はお知り合いになることができ、また、沢山の山・花
情報など~有難うございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

by のんびり夫婦の山遊び (2015-12-31 21:51) 

tochimochi

冬に釈迦ヶ岳とは体力、気力十分ですね。
私も数年前に「山の駅たかはら」から1月に目指したことがあります。
でも鶏頂山分岐手前の急斜面が登れず敗退しました。
ツボ足でいったのも敗因です。
ワカンまたはスノーシューが有ったほうがいいと思います。
ラッセル覚悟で頑張ってください ^^


by tochimochi (2015-12-31 22:00) 

ヴェール

のんびり夫婦の山遊びさん
花瓶山でお会いして、南月山で再びお会いでき、びっくりぽんでした。
のんびりさんの花情報の豊富さ、山行のフットワークの良さには感心しており、貴ブログから得る情報が多いものです。有難うございます。
来年もまたどこかでお会いできればいいですね。
佳いお年をお迎えください。

tochimochiさん
冬の釈迦ヶ岳に登ってみたくなったのは、貴ブログの2012/3/25の記事で雪から顔だけ出した
お釈迦様の像を拝見したこともひとつの理由になっています。
東側からだとやはり山頂下の北側の急斜面が大変なのですね。今シーズンに行くときはワカンを持っていくつもりですが、トレースがないと簡単に諦めて温泉行になるかもしれません。(笑)
佳いお年をお迎えください。

by ヴェール (2015-12-31 23:20) 

nousagi

雪が降ったらまったく様子が変わりますよね。
白銀の素晴らしい景色を見せてください。
是非いい天気の時に挑戦してくださいね。
by nousagi (2016-01-03 16:44) 

ヴェール

nousagiさん
昨年の雪山は、那須茶臼岳以外の、社山、武尊山、燧ヶ岳は絶好の快晴で素晴らしい景色でした。
そんな日を狙って登りたいです。
西側からの登山者は多くないようなのでトレースがなかったら苦戦でしょうね。
昨日(1/3)は那須茶臼岳に登ってきました。峰の茶屋付近の突風は相変わらず。雪が少なくて歩きにくかったです。
by ヴェール (2016-01-04 07:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。