So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

皇海山・・・庚申山から鋸11峰を越えて(前編:お山巡りとコウシンソウ、庚申山荘泊) [山歩き]

2017年6月19日(月)~6月20日(火)
皇海山(すかいさん;2143.6m、【百名山】):栃木県日光市・群馬県沼田市

所属する山の会の有志4名(平均年齢68.25歳!)で庚申山荘から皇海山に登ってきました。コウシンソウの咲く時期に登りたいとタイミングを狙っており、梅雨入り後ですが、天気予報を見ながら二日間天気のよさそうな、この両日に行くことに決めたものです。

メンバーはSNさん・SYさん・Kさんと私の4名です。SNさんとSYさんはお二人とも勤めていた会社の先輩で、「つくば100キロウォーク」を完歩する100キロウォーカー。Kさんは毎週栃木市の太平山でトレーニングをしている健脚です。

1日目は、銀山平から庚申山荘まで行き、お山巡りコースを歩いて、見頃のコウシンソウを見て山荘に戻り、山荘泊の予定。
2日目は、早朝に庚申山荘を出発し、庚申山から鋸11峰を越えて皇海山に登り、帰りは六林班峠から庚申山荘に戻り、銀山平に下る予定です。
2日目はコースタイム11時間45分で、高齢者には超ロングコース。アクシデントで庚申山荘への戻りが18時頃になった場合はもう1泊庚申山荘に泊まる予定で出かけました。

1日目(2017年6月19日(月)):晴れ

IMG_2437 sky 101.jpg
コウシンソウとコウシンコザクラ

歩いたコースと時間
銀山平キャンプ場駐車場(10:30)→一の鳥居(11:40)→庚申山荘(13:12-13:55)→お山巡り→庚申山荘(16:40)

銀山平の「かじか荘」は9月30日まで大改修工事で休業中。従来の登山者駐車場は使えず、少し下のキャンプ場駐車場からスタート。
素泊まりの山荘泊なので、荷物は多くなりますが、山荘までは林道歩きが長く、一の鳥居からの山道も歩きやすい道で山荘までは比較的楽に登れます。

抗夫滝や天狗の投石を通り一の鳥居に到着。鏡岩までの緩やかな道を歩いて、少し急な道となり、岩が多くなった登山道を、夫婦蛙岩、仁王門、旧猿田彦神社跡から庚申山荘へ。

IMG_2391 sky 102.jpg
天狗の投石

IMG_2393 sky 103.jpg
一の鳥居

IMG_2397 sky 104.jpg
鏡岩 (鏡岩伝説の説明板とベンチあり。)

IMG_2402 sky 105.jpg IMG_2403 sky 106.jpg
夫婦蛙岩                                仁王門

鏡岩付近から上では、登山道の岩の横にクワガタソウが咲いているのをよく見かけました。

IMG_2404 sky 107.jpg
旧猿田彦神社跡直下のヤマツツジ

IMG_2408 sky 108.jpg
庚申山荘

庚申山荘で昼食のあとカメラとペットボトル1本の水だけを持って、「お山巡り」へ。
お山巡りコースの下の分岐のある旧猿田彦神社は山荘から僅かに下った所なので、山荘から反時計回りで回りました。

IMG_2413 sky 109.jpg
お山巡りの分岐にある注意書き

丈の低い笹原の急斜面をジグザグに登り尾根を進んで、2連の梯子を登ると、岩場が近くなります。ここまでに登山道横の所々にシロヤシオが咲き残っていて、まだ綺麗な花も見ることができました。

岩場になるとコウシンコザクラが咲いている所が多く、少し進むと登山道の上の大きな垂直の岩壁が少し濡れた岩肌にコウシンコザクラがいっぱい咲いていました。その上をよく見ると少し離れたところにコウシンソウの群生があり、足場が悪い所を少し登って撮影しました。コンデジでは望遠も接写もピントが合いづらいので結構苦労して撮影。
(今回はロングコース歩きと危険なルートが多いので、荷物を軽くするためにデジイチは持参せず。)

IMG_2424 sky 110.jpg
張り出した岩壁の下のルート

IMG_2444 sky 112.jpg
コウシンコザクラ

IMG_2440 sky 113.jpg
コウシンコザクラのややアップ

コウシンソウとコウシンコザクラ → 一枚目の写真

IMG_2438 sky 111.jpg
コンシンソウのややアップ

ここでの撮影のあと、急斜面の下の吊り橋、急な岩場に取り付けられた鎖やハシゴを下って馬の背へ。馬の背のすぐ先のテラス状の岩の上で休憩。この岩の下がすぐに鬼の耳こすりで狭い岩の間のハシゴを下ります。
この下の次の急なハシゴ部ではすぐ横にハンショウヅルが咲いていました。その先には黄緑のハンショウヅル(トリガタハンショウヅル?)も見られ、周囲にはヒメウツギが多く見られました。

IMG_2450 sky 114.jpg
ツリガネ岩(右上の亀岩はこの撮影地点からは良く見えず。真上を向いて撮影するのは足場が悪くやや危険。)

IMG_2454 sky 115.jpg
馬の背

IMG_2456 sky 116.jpg
鬼の耳こすり

IMG_2406 sky 117.jpg IMG_2461 sky 118.jpg
クワガタソウ                           ハンショウヅル

IMG_2463 sky 119.jpg IMG_2464 sky 120.jpg
トリガタハンショウヅル?                    ヒメウツギ

さらに天の浮橋、長い鉄ハシゴの下り、めがね岩、崖縁のトラバース、崩れた祠のある岩屋、屈んで潜る岩穴を通って庚申岩戸へ。
途中登山道の上の岩壁にコウシンソウの咲く場所あり。足元の不安定な斜面を登って撮影。

IMG_2467 sky 121.jpg
めがね岩

IMG_2477 sky 122.jpg
崖縁のトラバース

IMG_2482 sky 123.jpg
コウシンソウのアップ

IMG_2487 sky 124.jpg
屈んで潜る岩穴

IMG_2491 sky 125.jpg
庚申岩戸(左の写真に写っていない所から上に登って中央の洞穴部の入口に祠)

庚申岩戸付近にもコウシンコザクラとコウシンソウが少し咲いていました。

IMG_2493 sky 126.jpg
庚申岩戸付近のコウシンコザクラ

庚申岩戸から7,8分で庚申山と庚申山荘の分岐に到着。

IMG_2497 sky127.jpg
分岐(大胎内はこの分岐の庚申山方向(左)のすぐ上にありました。)

ここから庚申山荘まで再び急な斜面のハシゴ、崖縁の鎖場等を下って庚申山荘に戻りお山巡りの終了。
庚申山荘のすぐ上の平坦地にクリンソウの群生地があり、ちょうど満開で一面に綺麗に咲くクリンソウを見ることができました。

IMG_2500 sky 128.jpg
ハシゴ、鎖の下りの道

IMG_2508 sky 129.jpg
クリンソウの群生

岩の急斜面のハシゴ・鎖・ロープの道、崖縁のトラバース道が続き、息の抜けないお山巡りでしたが、コウシンソウ、コウシンコザクラの他にもたくさんの花を見ることができ、ゆっくり歩いて花とお山巡りを楽しむことができました。


当日現地の案内絵図は経時変化で良く見えなくなっていたので、以前の案内図絵の写真をネットから拝借致しました。

庚申山 お山巡りマップ  sky 130.png
お山巡り案内絵図
『ひらさんのHighトレッキング』、庚申山(2010.6.6)
http://hirasan.canada2194.com/koushinzan.html

「お山巡り」については、以下のサイト『足尾の風景』に分かりやすい解説があります。
http://www.shorebook.jp/ashi/yamakoshin2.html

この日の庚申山荘は、我々4名の他3名の方のみの宿泊で、ゆったりと宿泊することができました。(庚申山荘は素泊まりのみで1泊2,050円。布団あり。)

後編は、二日目の、
庚申山荘→鋸11峰→皇海山→六林班峠→庚申山荘→銀山平を歩いた記事です。

黒川鶏冠山・・・緑豊かな森歩き [山歩き]

2017年6月14日(水) 晴れ

黒川鶏冠山(くろかわけいかんざん):山梨県甲州市
標高(黒川山;1710m、見晴台;1716m、鶏冠山;約1705m)

IMG_2333 kurokawa 08.jpg
見晴台から北東方向の展望
(中央に山頂付近に雲の懸る北奥千丈岳、やや右に甲武信ケ岳の山域とその右に破風山、左端近くに金峰山。)


『奥秩父山塊、大菩薩連嶺に位置している。山梨百名山の一つである。また多摩川の源流(水源)に位置しているため山林は東京都水道局の水源涵養林(東京都水源林)となっている。
なお、同県の山梨市に漢字では同名の鶏冠山(読みは「とさかやま」、標高2,177m)が存在するので注意。』(Wikipediaより)


歩いたコースと時間
落合(8:36)→横手山峠と鶏冠山への分岐(9:39)→鶏冠山分岐(10:25)→鶏冠山(10:45-55)→黒川山(11:15)→見晴台(11:20-12:00)→横手山峠(12:27)→六本木峠(13:10)→梅ノ木尾根分岐(13:32)→柳沢峠(14:03)

所属する山の会の山行で、黒川鶏冠山を歩いてきました。
8年前の2009年11月15日に毎日新聞旅行のツアーで登ったことがあり、今回が2回目です。前回は今回と逆コースで柳沢峠から登って落合に下るコースでした。

今回は、晴れでしたが、富士山は雲に隠れて見えず。鶏冠山の山頂付近の岩混じりの急なアップダウンの他は緩やかな歩きやすい道が続き、新緑から緑がやや深まった森林歩きを楽しむことができました。

国道411号線道路脇の登山口から登山開始です。

IMG_2297 kurokawa 01.jpg
鶏冠山落合登山口

緑がやや深まった落葉樹林の中の緩やかな道を登り、横手山峠と鶏冠山への分岐から東に歩き、鶏冠山へ。

IMG_2305 kurokawa 02.jpg
緑が深まった落葉樹林の中の道

IMG_2308 kurokawa 03.jpg
苔むす岩の中の道

IMG_2314 kurokawa 04.jpg
鶏冠神社(鶏冠山)分岐

鶏冠山手前は短い距離ですが、岩混じりの樹林帯の急なアップダウンがあり、慎重に歩いて、鶏冠神社の祠のある岩稜の山頂へ。
この急なアップダウンの場所ではシャクナゲやイワカガミも咲いていました。

IMG_2315 kurokawa 05.jpg
鶏冠山手前の岩混じりの急なアップダウンの道

IMG_2321 kurokawa 06.jpg
鶏冠山 山頂

祠の上の岩場からの展望は良いのですが、富士山方向は雲で見えず。すぐ南の大菩薩嶺も雲が少し流れていました。

IMG_2320 kurokawa 07.jpg
鶏冠山から大菩薩嶺

黒川山三角点のある緩やかな丘のようなピークは樹林に囲まれて展望がないので、西に5分程歩いて見晴台へ。見晴台は狭い岩場になっており、見晴台とその下のグループに分かれて昼食。

見晴台から北東方向の展望 → 一枚目の写真

IMG_2332 kurokawa 12.jpg
雲の懸る北奥千丈岳付近(右)と金峰山(左)

IMG_2331 kurokawa 13.jpg
金峰山の五丈石のアップ

富士山方向には雲が懸っており、昼食の間に山頂の一部が雲の間から短時間見えただけでした。

IMG_2325 kurokawa 09.jpg
富士山方向の展望
(左に大菩薩嶺、右の緩やかなピークの上あたりが富士山)

IMG_2329 kurokawa 10.jpg
雲の間から僅かに山頂付近の一部が見えた富士山

P1050881 kurokawa 11.jpg
前回の見晴台からの富士山(2009年11月15日撮影)

黒川山から柳沢峠に下山です。カラマツ、ヒノキの植林帯の緩やかな道を下り横手山峠から六本木峠、梅ノ木尾根分岐へ。
途中の苔むす大岩の中の道を通り、花は少ないのですがワチガイソイウも見られました。

IMG_2336 kurokawa 14.jpg
カラマツの植林帯の緩やかな歩きやすい道

IMG_2337 kurokawa 15.jpg
横手山峠

IMG_2347 kurokawa 16.jpg
苔むす大岩の中の道

このあたりから下はホトトギスの鳴き声も聞こえ、ハルゼミの大合唱の中を歩きます。

梅ノ木尾根分岐から柳沢峠までの道は「水源地ふれあいの道」としてよく整備されており、歩きやすい広い遊歩道が続いています。この間は雑木林で所々に木の名札が付けられていて、それを見るとハウチワカエデ、オオイタヤメイゲツ、イタヤカエデのカエデ類やツル性のイワガラミも多く、秋には(10月末頃)には素晴らしい紅葉の森になりそうですね。

IMG_2349 kurokawa 17.jpg
梅ノ木尾根分岐の「ブナの道案内図」
(案内図の一番上側の道を歩いて柳沢峠へ)

IMG_2352 kurokawa 18.jpg
梅ノ木尾根分岐近くに咲いていた綺麗なヤマツツジ

IMG_2318 kurokawa 19.jpg IMG_2348 kurokawa 20.jpg
シャクナゲ                             ワチガイソウ

IMG_2363 kurokawa 21.jpg IMG_2373 kurokawa 22.jpg  
ハウチワカエデ                            オオイタヤメイゲツ

IMG_2367 kurakawa 23.jpg IMG_2371 kurokawa 24.jpg
イタヤカエデ                           イワガラミ

奥白根山からの展望・・・カシミール3Dによる展望図 [山岳展望]

奥白根山は県内で近いのでよく登っていますが、これまでに展望図を紹介していなかったので紹介致します。

流石に関東以北の最高峰で、富士山の他、南アルプスや北アルプスも見えるようです。
晩秋の快晴の日に早朝から登って、これらの超展望を見てみたいものです。

okushirane 1s.png
北西(尾瀬・越後の山々)

okushirane 2s.png
北(会津駒ヶ岳、飯豊山など)

okushirane 3s.png
北東(安達太良山、那須岳、高原山)

okushirane 4s.png
東(日光の山、中禅寺湖)

okushirane 5s.png
南東~南(前日光、関東平野、三原山も)

okushirane 6s.png
南西(皇海山、富士山、赤城山、南アルプス)

okushirane 7s.png
西(浅間山、北アルプス、武尊山、谷川岳)


以下は富士山、南アルプス、北アルプスのアップです。

okushirane 11s.png
南南西(富士山方向のアップ)

okushirane 12s.png
南西(南アルプスと八ヶ岳のアップ)

okushirane 10s.png
西南西(北アルプス南部、四阿山のアップ)

okushirane 9s.png
西南西~西(北アルプス北部のアップ)

奥白根山(日光白根山)・・・近場の高山トレーニング [山歩き]

2017年6月3日(土):晴れ時々曇り
奥白根山(2578m):栃木県日光市・群馬県利根郡片品村

ゴールデンウイークに時々登っている奥白根山。今年はその時期に腰痛で登れなかったので、近場の高山トレーニングとして登ってきました。

菅沼からの登山道は、樹林帯は残雪の道が続き、下りは軽アイゼンを付けた方が安全でしょうね。山頂付近は6月初めとはいえ、岩や木々に霧氷が付いているほど寒く、寒さ対策も必要ですね。
山頂からは会津や越後の山々は見えませんでしたが、日光や群馬方向の眺望は良く、富士山もなんとなく分かる程度に眺められました。

個人的には、体調や持病もあり、登りが苦しくて立ち止まって休むこと度々。今年の夏に計画している北アルプスや南アルプス登山のためには、体調管理と様子見登山が必要なことをしみじみと感じた登山でした。

IMG_2261 okushirane 01.jpg
山頂から日光の山々と中禅寺湖

歩いたコースと時間
菅沼登山口(8:20)→弥陀ヶ池(10:10-15)→奥白根山(11:30-12:10)→避難小屋(12:50-55)→五色沼→弥陀ヶ池(13:40-45)→菅沼登山口(15:00)

8時前に菅沼登山口駐車場着。1,000円の駐車料金を支払って、登山届を提出します。下の駐車場はまだ空きもありましたが、今回は上の駐車場が空いていれば止めてみようと上の駐車場に行きました。上の駐車場は4割くらいの駐車率。
8:20から登山開始。

IMG_2214 okushirane 02.jpg
上の駐車場(左奥)と登山口の案内板

谷筋から右に折れて少し急になった登山道を登ります。所々に僅かに雪が登る道を登って、左側の樹林の下が崖になったやや平坦地(冬道の落石の多い崖下の道の上あたり。標高1960m付近。)から雪の道が続き(途中、大きな岩の急斜面の登り箇所は、雪は一部なし)、弥陀ヶ池下までずっと雪道が続きます。
登りで雪も柔らかいので、軽アイゼンは付けないで登りました。

IMG_2219 okushirane 03.jpg
ずっと続く雪道

弥陀が池まで0.9kmの標識から先の、傾斜面のトラバース道では左の斜面に滑り落ちないようにやや慎重に歩く箇所も数か所あります。

IMG_2226 okushorane 04.jpg
トラバース道

トラバース道から右に回り込んで弥陀ヶ池に到着。弥陀ヶ池の近辺は、雪はほとんどなし。

IMG_2233 okushirane 05.jpg
弥陀ヶ池と山頂方向

弥陀ヶ池から座禅山の鞍部までと鞍部からの登り始めは残雪がありますが、一段登った標高2280m付近から上の登山道には雪は全くありません。

ガレ場の急斜面の登りは休みながら登っていきます。

IMG_2240 okushirane 06.jpg
ガレ場の急な登り

先をよく見ると左の岩に白いものが見えており、近づいてみると岩肌に生えた小さな木に霧氷が付いて真っ白に見えていたものでした。
登山道の周囲には、霧氷が割れて落ちた氷片があちこちに散乱していました。
北風がやや強く吹いて寒くなり、厚手のウンドブレーカーを着てルンゼに突入。

途中、振り返って来た方向を見ると、四郎岳と燕巣山の向こうに見える会津や越後の山は雲に覆われて見えませんが、丸沼や菅沼、弥陀ヶ池が綺麗に見えています。

IMG_2244 okushirane 07.jpg
四郎岳(左)・燕巣山(右)と丸沼・菅沼・弥陀ヶ池

IMG_2246 okushirane 07 2.jpg
ルンゼ岩壁の小さな木の霧氷

ルンゼ途中から右に曲がり大岩を登って先に進み、山頂方向の標識の下あたりでは、周囲の岩に霧氷がついてエビの尻尾になっていました。風が強くさらに寒くなりました。

IMG_2255 okushirane 08.jpg
岩に付いたエビの尻尾

IMG_2258 okushirane 09.jpg
同上 アップ

山頂方向標識から上では、風がやや弱くなって、寒さも和らいでいました。

IMG_2259 okushirane 10.jpg
山頂方向標識と山頂(中央)

山頂付近は多くの人で大賑わい。山頂標識の周囲も入れ替わり立ち代わりの登山者。ここではゆっくりできないので、すぐ東のピークで小休憩と写真撮影。

IMG_2260 okushirane 11.jpg
群馬県側の山頂標識と南西方向の山々

栃木県側の山頂標識と男体山・中禅寺湖 → 一枚目の写真
(山頂標識のすぐ右上が小休憩したピーク)

IMG_2266 okushirane 12.jpg
同ピークより皇海山(左:さらに左奥は袈裟丸山)、赤城山(中央)、錫ヶ岳(手前右)

IMG_9810 okushirane 13.jpg
同上 男体山と中禅寺湖

IMG_9811 okushirane 14.jpg
同上 太郎山(左)から男体山(右)

このピークで写真を撮っていると、隣にいた小学生連れの男性が、少し前まで富士山が良く見えたと言っていたので、眼を凝らして富士山方向を見ると雲の中に雪を被る山の輪郭がぼんやりと見えているようなので、写真を撮って写真で確認することにしました。
家に帰って写真をよく見るとやはり富士山でした。

IMG_9818 okushirane 15.jpg
かなりぼんやりと見えた富士山(コントラストを強く加工しました。)
(一番手前の黒く写っている山は皇海山の稜線の右肩。富士山に重なるすぐ右下のピークは雲取山。さらに右の三角ピークは大洞山。)

ここも人が多いので、昼食は避難小屋方向に下った風の弱い所で中禅寺湖や日光の山々を見ながら昼食。

昼食中にふと横を見ると鹿が餌を食べたそうに3.4mのところまで近づいてきていて、さらに近づこうとしています。少しあわてて、ストックを振って追い払おうとしましたがなかなか近くを離れず。
鹿を無視して食事をしていると、やがて離れて行きました。
登山者から食べ物を貰うことに慣れていて、食事中の人間に近づいているのでしょうか。

IMG_2267 okushirane 16.jpg
昼食中に近づいてきた鹿

昼食後避難小屋方向に下ります。途中急斜面のトラバース道に残雪があり。ここがこの日最も注意して歩いた箇所でした。

IMG_2275 okushirane 17.jpg
急斜面のトラバース道の残雪

IMG_2278 okushirane 18.jpg
避難小屋手前

避難小屋から樹林帯に入ると、五色沼まではずっと残雪の道。

IMG_2279 okushirane 19.jpg
避難小屋からの下り

IMG_2282 okushirane 20.jpg
五色沼に出る

五色沼から弥陀ヶ池への登りの道も樹林帯は残雪が多く雪の斜面を登ります。
この登りは標高差7,80mですがいつも一番苦しい所です。

弥陀ヶ池に着くと山頂付近はもうガスの中。

IMG_2291 okushirane 21.jpg
弥陀ヶ池

弥陀ヶ池からの下りはやや急な所もある雪道が続きますが、軽アイゼンを付けないで下りました。すり減ったビブラム底の夏靴では、途中スリップすることが多く、転倒も1回。転倒して手足の捻挫ということもあるので、この下りは安全のため軽アイゼンを付けた方が良かったと反省。

IMG_2295 okushirane 22.jpg
雪道の続く下り

今回はトレーニングのつもりで登りましたが、樹林帯の残雪が少なくなって花が咲く時期に登りたいですね。


昨年の奥白根山登山の記事はこちらです。

再びコマクサの群生地を訪ねて (2016/7/24)
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2016-07-30

凍れる奥白根山 (2016/4/30)
http://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2016-05-05

奥白根山(日光白根山)からの展望図を紹介していなかったので、次回は展望図を紹介致します。

今年はバラが綺麗に咲きました (その2:フロリバンダ、シュラブ、オールドローズ) [バラ]

今回は、イングリッシュローズ(ER)以外の今年良く咲いた、フロリバンダ・シュラブ・オールドローズについてまとめてみました。

まずは、フロリバンダに分類されるバラ3品種から。(3品種とも鉢植え(10号鉢)。)

☆ マチルダ
白から淡いピンクで花弁の縁がピンクの非常に可愛らしい花です。四季咲は素晴らしく、ロザリアンの中でもこの花が好きな人も多いようです。微香。
一昨年3月に大苗で購入したもので、毎年春から秋まで可愛い沢山の花を見せてくれます。

マチルダ 以下3枚(5月14日)

IMG_9525 rose 170201.jpg

IMG_9526 rose 170202.jpg

IMG_9569 rose 170203.jpg

☆ ピンクフレンチレース
フレンチレース(花色はアイボリーホワイト)の枝変わり品種。中香。
3年前に素晴らしいバラの庭を見せて頂いたときに、切り花で頂いたこの花の優美さとほのかなバラらしい香が気に入って、2年前に大苗で購入したものです。夏はお休みモードですが、秋にはまた綺麗な花が見られます。

以下2枚ピンクフレンチレース。(5月14日。白花はマーガレット・メリル)

IMG_9502 rose 170204.jpg

IMG_9504 rose 170205.jpg

☆ マーガレット・メリル
白バラはボレロとアイスバーグの2品種しかなかったので、ダマスク香のあるこの花を昨年秋に大苗で購入したものです。花を見るのは今年が初めてですが、蕾から全開花まで美しい花と芳香を楽しむことができました。四季咲き。

マーガレット・メリル 以下2枚(5月14・15日)

IMG_9501 rose 170207.jpg

IMG_9572 rose 170208.jpg


続いてシュラブに分類される2品種です。

☆ オデュッセイア
2013年木村卓功氏作出。波状弁咲き。強香(ダマスク+フルーツ)。
フランシス・デュブリュイとスパニッシュ・ビューティーの交配種。
昨年、綺麗な庭でバラを栽培している近所の方から切り花で頂き、濃い赤の花と芳香が気に入って、6月に「バラの家」から新苗で購入したもの。秋には160cm位に伸びて2輪だけ花が咲きました。今年2月に、家の東側に地植えしてトレリスに誘引。5/21には20輪以上の花を付けました。

IMG_9471 rose 170209.jpg
オデュッセイア(下のアプリコットピンクの花はERのアブラハム・ダービー;5月14日)

花のアップ以下2枚(5月14・15日)

IMG_9478 rose 1702110.jpg
IMG_9550 rose 170211.jpg

☆ アルキミスト
4年前に妻がファンタン・ラトゥールと一緒に、新苗で買ってきたもの。
半つる性の一季咲き品種。中香。
2年間は花が咲かないで大きく伸びていて、昨年2月につるバラとしてトレリスに誘引したもの。3年目の昨年5月に20輪弱の花を付け、今年はトレリスいっぱいに50輪以上の花を付けました。

IMG_9655 rose 170214.jpg
アルキミスト(右)とファンタン・ラトゥール(左)(5月24日)

IMG_9661 rose 170216.jpg
アルキミスト


次はオールドローズの2品種

☆ マダム・イサーク・プレール
紫がかったローズピンクの花。強香(ダマスク)。クオーターロゼット咲き。返り咲き。
昨年5月に新苗で購入したもの。昨年は、花は付かず、シュートも出てぐんぐん伸びて2mくらいになり、今年の2月に、耐陰性があるとのことで、家の北東に地植えしてつるバラとしてトレリスに誘引。今年初めての開花で、5/21には20輪以上の香しい花が咲きました。返り咲き種なので次の開花も期待です。

IMG_9469 rose 170212.jpg
マダム・イサーク・プレール(中央から左。5月14日。)
(右の一重の花弁の赤い花はジョナサン)

IMG_9469 rose 170213.jpg
マダム・イサーク・プレールのアップ(上の写真をトリミングしたもの)

☆ ファンタン・ラトゥール
強香(ダマスク)。つるバラとして、南側の庭に地植えして2mのオベリスクに誘引。
アルキミストと同じく、4年前に妻が新苗で買ってきたもの。
今年は、可愛い薄ピンクの花がアルキミストと同じように50輪以上咲き、オベリスクいっぱいに広がりました。強香種とのことですが、あたり一面に芳香が漂うよう程の強香ではないようで、鼻を近づけると甘い香りがする程度です。
一季咲きなので、来年まで花は咲かず緑を楽しむことになりますが、花後はうどん粉病にやや弱いかも。

IMG_9659 rose 170215.jpg
ファンタン・ラトゥール(5月24日)


今年は綺麗に咲いたバラを5,6人の方に切り花として5~10輪くらいずつ差し上げ、美しい花と芳香を楽しんで頂いて喜んで頂けました。
家の横を通る方にも、「バラが綺麗ですね」との言葉を頂くことが多くなり、綺麗なバラを咲かせるための励みにもなりますね。


6月3日(土)に日光白根山に登ったので、次回は久しぶりに山歩きの記事です。(笑)

前の5件 | -